ヘアカフェ

若ハゲの前兆とハゲ方の特徴をチェック!薄毛の対策法も解説


「髪の毛が薄くなってきたかもしれない・・」
「前髪が後退してきたかもしれない・・」

このように、髪の毛に対する不安や悩みについて悩んでいる方は多いです。また、最近では10代や20代といった若い年代の方でも、スマートフォンによる眼精疲労の影響で頭皮に栄養が行かなくなり、ハゲてしまう方が増えています。

若ハゲにならないためには、ハゲの前兆を知り、進行する前に対策を施さなくてはいけません。この記事では、若ハゲの前兆やハゲ方の特徴と対策を解説します。

若ハゲになる4つの前兆をチェック

まずは、若ハゲになる前兆をチェックしていきましょう。
心当たりが多い場合は要注意です。

【前兆①】髪の毛が細くなる

髪の毛が細くなるということは、髪の毛が成長していないということなので注意が必要です。基本的に、髪の毛は健康であれば4~6年の成長期の中で太く育つといわれています。

しかし「ストレスがたまっている」「睡眠時間が少ない」「食事の栄養バランスが悪い」などといったことが原因で髪の毛の成長期が短縮された場合、太く育つはずだった髪の毛は細く元気がないまま退行期を迎えてしまいます。

髪の毛が細いと、頭皮が透けて見えたり抜け毛が増えたりする原因に繋がります。

【前兆②】ふけが増える

ふけが増えるということは頭皮の環境が悪くなっている証拠ですので、ハゲの大きな原因となってしまいます。

そもそもふけというのは、「古い角質細胞が剥がれ落ち、新しい角質細胞が生まれる」というサイクルが乱れることによって発生します。簡単にいうと、ふけは頭皮の垢なのです。

ふけが大量発生してしまうと雑菌が発生し、髪の毛に大きな悪影響を及ぼすので、早急に対処することをおすすめします。ただし、対処といってもそこまで難しいことはありません。

大事なのはシャンプーや髪の洗い方に気をつけておくことです。シャンプーはタイプによってそれぞれ洗浄力が異なってくるのですが、あまりに洗浄力が強いシャンプーは頭皮の皮脂が奪われてしまい免疫力が低下し、ふけが発生する原因に繋がります。

ですので、ふけで悩んでいる場合は、洗浄力があまり強くない「アミノ酸系シャンプー」に変えてみましょう。

髪の洗い方は、爪でゴシゴシ洗わないように要注意。頭皮にダメージを与え、炎症が発生する原因をつくってしまいます。「最近ふけが増えた」と感じた場合は、上記の対策を施してみましょう。

【前兆③】抜け毛が増える

抜け毛が増えてくると、ハゲに大きく近づいている可能性があるので要注意です。抜け毛の量を気にしても抜け毛の量が減ることはないので、早急な対処が必要です。

一般的には、誰でも1日50本~100本程度の抜け毛があってもおかしくはないといわれています。また、人によっては一日100本以上抜け毛が発生してしまったとしても、それが通常であるケースもあります。

ですので、一概に「100本以上の抜け毛=ハゲる」ということではありません。大事なのは、本数よりも「以前よりも抜け毛が増えたか?」という点と、「どのような毛が抜けてしまっているか」という点にあります。

抜け毛が増えるということは、これから育つはずであった健康的な髪の毛が抜け落ちているということで、それでは毛量が減ってしまうのも当然です。

まずは、自分の抜け毛がどのケースにあてはまるかチェックしてみましょう。抜け毛の大半はシャンプーを行う際に発生するといわれていますので、洗髪のときにチェックすると状況がわかりやすいです。

特に注目すべき点は、「短い髪の毛が抜け落ちていないか?」という点です。
これから伸びていくはずだった短い毛が、頭皮環境の悪化などが原因で抜け落ちてしまうと、ハゲの大きな原因となってしまいます。

抜け毛の量が増えたり、短い髪の毛の抜け毛が目立ったりし出したら、食事や生活習慣の改善など抜け毛の原因を探し出し、対策を施すことをおすすめします。

【前兆④】頭皮が透けて見える

ハゲが進行してくると、頭皮が透けて見えてきます。健康的な髪の毛ですと、1本1本が太いため頭皮が見えることは少ないですが、髪の毛の元気がなくなり、細くなってしまうと頭皮が透けて見えてしまいます。

頭皮が見えてしまうということは、わかりやすいハゲの前兆なのです。

4種類のハゲ方とその特徴

この項目では、ハゲ方別に特徴を画像付きでご紹介していきます。

①M字ハゲ

M字ハゲは、生え際がアルファベットの「M」字に似ているためその名で呼ばれています。生え際がはげていくM字ハゲは気づきにくく、「見つけたときにはかなり進行していた……」というケースが多いです。

抜け毛が増えたと感じたら、M字ハゲを疑い、一度生え際をチェックしてみることをおすすめします。

②O字ハゲ

O字ハゲは、頭頂部から薄毛が進行していきます。頭頂部のみはげているため、目立つのが特徴的です。髪の毛にハリやコシがなくなり柔らかくなるため、今まではうまく立ち上がっていた頭頂部の髪が、思うように立ち上がらなくなったりしてしまいます。

寝癖がつかなくなってきた場合は、注意が必要です。

③U字ハゲ

U字ハゲは、生え際から徐々に後退していき頭頂部に向かってまっすぐはげていきます。また、M字ハゲやO字ハゲと比較するとかなり深刻度が高いため、いかに初期症状で気づくかが重要となります。

前頭部の生え際部分が後退しているように感じたり、かゆみが生じてきたりした場合には、U字ハゲの初期症状の疑いがありますので、早急に対策を施しましょう。

④つむじハゲ

つむじハゲは、つむじ周りの毛量が少なかったり、髪の毛が細くなったりする際に発生します。通常のつむじと比較がしにくく、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも多いです。

頭皮が透けて見えてくると、つむじハゲである可能性が高いので注意しましょう。

若ハゲの原因と進行を防止できる3つの対策

ハゲ方はそれぞれ特徴が異なりますが、若ハゲの進行を防止できる対策はどれも共通してほとんど一緒です。 これまでの前兆やハゲ方の紹介で心当たりがあった方は、早めに対策をはじめましょう。 ここでは3つの対策を紹介します。

【対策① 生活習慣の改善】

生活習慣の乱れが若ハゲの原因になっている可能性は非常に高いです。バランスの良い食事と、十分な睡眠をとること、ストレスを溜めないようにすることを普段から心がけましょう。

【対策② 育毛剤の使用】

育毛剤の作用は、血行促進作用のあるもの、男性ホルモン抑制作用があるもの、頭皮を清潔に保つ作用のあるものと大きく三つに分けられます。自分の頭皮の状態にあった効果が得られるものを選びましょう。

【対策③ 専門のクリニックに相談する】

治療方法の種類が豊富で、症状や予算に合わせて治療法をアレンジしてもらうことも可能です。無料でカウンセリングやメール相談を受け付けているクリニックもあるので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

薄毛はほおっておいたら進行するばかりです。

また、ハゲ方によってはかなり気づきにくく、発覚したときには薄毛が進行しすぎて手の施しようがなかったといったケースもあります。そうならないためにも、薄毛が気になったら細かくチェックを行い、早めの処置を施すことをおすすめします。

【まとめ】

これまで若ハゲの前兆、ハゲ方の特徴、対策を紹介してきました。さいごに振り返ってみましょう。
【若ハゲの前兆】
①髪の毛が細くなる
②ふけが増える
③抜け毛が増える
④逃避が透けて見える
一つでも当てはまる場合は、対策が必要です。

【ハゲ方の特徴】
①M字ハゲ
②O字ハゲ
③U字ハゲ
④つむじハゲ
それぞれに特徴があります。

【若ハゲ対策】
①生活習慣の改善
②育毛剤の使用
③専門のクリニックに相談する
まずは専門家に聞くことが間違い無いでしょう。

若ハゲ、AGA治療を考えている方は、まずは専門家に質問や無料相談をしてみましょう。

専門クリニックに無料相談する

TOP