ヘアカフェ

若ハゲは防止できる?効果的な対策方法や育毛剤の選び方を徹底解説!

「この歳なのに最近薄毛が気になってきて…」「若ハゲにだけはなりたくない」

まだ10代、20代だとしても、抜け毛が気になり始めてきたり、薄毛に悩み始めることは珍しくありません。

若ハゲは、しっかりと対策すれば防止することができます。悩んでいるなら早急に対策の仕方を学び、実践することが大事です。

この記事ではそのような対策方法はもちろん、若ハゲの原因から育毛剤の選び方まで徹底解説します!

若ハゲになぜなるのか

若ハゲといっても様々ですが、20代から(早いと10代から)頭頂部や額の生え際からハゲ始める症状を男性型脱毛症(AGA)といいます。AGAは、主にヘアサイクルの乱れが原因であるとされています。

ヘアサイクルの乱れとは?

髪は1日に約0.5mm程度、1カ月に約1cm伸びるといわれています。この髪の毛は生まれてから一生同じ髪の毛が生えているというわけではなく、自然に抜け落ちて、その抜け落ちたところから新しい髪の毛が生えてくるというのを繰り返します。

髪の毛が生えて抜け落ちるまでをヘアサイクルと呼び、このヘアサイクルは約5年程度で訪れます。髪のヘアサイクルは成長期・退行期・休止期と3期で構成されています。

成長期はその名のとおり髪の毛を成長させる時期で、成長期が長ければ長いほど髪の毛は太く長くなります。

退行期は成長期の後に訪れるもので2週間〜3週間続きます。その後数カ月の休止期を経て、髪の毛の下に新しくできた髪の毛が出てくることで、ところてん方式に髪の毛が押し出され抜け落ちます。

ここまでが一般的なヘアサイクルの流れです。髪の毛1本1本でヘアサイクルの周期は異なり、同じエリアで一気に髪の毛が抜け落ちるということはないです。しかし、ヘアサイクルが乱れると、休止期の髪の毛が一気に抜け落ちてしまうことが起きてしまいます。

ヘアサイクルの乱れは主に成長期の短縮が挙げられます。成長期の短縮が起きると細く短い髪の毛にしかできません。細く短い毛は短いサイクルで抜けていきます。さらに細い毛は太い毛に比べてまばらに見える傾向が強いので頭皮が見えやすくもなってきます。

ヘアサイクルが乱れる原因は?

ではなぜヘアサイクルの周期が乱れてしまうのでしょうか。それにはいくつかの原因が挙げられます。

男性のほうが女性よりも薄毛に悩まされることが多いです。その大きな理由は男性ホルモンであるテストステロンが原因といわれています。このテストステロンが、体内で5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化することが研究でわかりました。この変化した物質であるジヒドロテストステロンが薄毛に大きく関与するのです。

中でもジヒドロテストステロンに対する受容体(アンドロゲンレセプター)が発達している人は薄毛で悩まされるという研究結果が出ています。この受容体とジヒドロテストステロンが結びつくことによって、毛根にある毛乳頭が萎縮します。これによって毛が抜け落ちやすくなり、ヘアサイクルが乱れるのです。

頭皮を衛生的に保つということも大切になります。頭皮環境を清潔にしておくことはもちろんですが毛穴に汚れが詰まっていると不潔になっている証拠で頭皮に発疹ができることも多いです。頭皮に発疹ができると生体防御反応で髪の毛が抜けてしまうこともあります。

若ハゲを防止する方法5選

頭皮のマッサージやシャンプーの方法を改善

若ハゲの改善方法はさまざまですが、やはり有名なのは育毛剤や頭皮マッサージです。特に育毛剤は薬用成分が含まれているものは効果が高く、高く評価されています。

育毛剤の使用はシャンプーで頭皮の汚れを落としてからつけるようにしましょう。そうでないと汚れの上に薬をつけているだけで頭皮に薬が浸透していきません。

頭皮マッサージはシャンプーをするときに併用するようにしましょう。シャンプー中は頭皮をゴシゴシと力強く洗うのではなく、優しく頭皮全体を揉み込むようにして洗っていきます。このときゴシゴシと洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまうので注意が必要です。

食事の改善

他にも食べ物に注意をすることで抜け毛や脱毛を予防することができます。中でもレバーや生カキに含まれている亜鉛は髪の毛を作る成分の一つです。

ビタミン類は頭皮の健康を維持するために必要で、頭皮細胞の活性化や血行促進に働きかけます。中でも毛根にある毛母細胞に働きかけ、発毛に効果的なのはビタミンB7という成分で、ビタミンB7が含まれている食べ物は鶏レバーやからしなどです。

また、人参やピーマンなどの緑黄色野菜にはビタミンAやビタミンCが含まれていて、頭皮に栄養を与えるとされています。

上記のような食べ物以外でも、育毛サプリのような商品としても販売されていルため、積極的に栄養素を摂取していきましょう。

ストレス解消

ストレスも脱毛や抜け毛の原因になります。ストレスのケア方法も様々で、適度に運動することも必要ですし、趣味でカラオケやたまには飲みに行くことも必要です。自分自身で効果的なストレス解消法を見つけて適度にストレス解消をする習慣をつけることも大切です。

生活習慣の改善

生活習慣は若ハゲの進行に影響を与えると言われています。例えばタバコの吸いすぎは、ニコチンによって血管が収縮され、頭皮の毛細血管の血流が悪化する原因となります。

また、運動不足は新陳代謝を悪化させ、血流が滞ります。髪の毛は人体において栄養を取り込む優先順位が低い場所なので、頭皮へ栄養や酸素を運ぶ血流が悪化してしまいます。

このように、タバコや運動不足など、健康に害のあることを続けてしまっていると若ハゲの原因となってしまうことがあるのです。

睡眠時間の確保

睡眠不足も若ハゲに影響を与えてしまいます。

人は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。睡眠時間が足りていない、もしくは睡眠の質が悪いと適切に成長ホルモンが分泌されず、髪の成長を妨げてしまうのです。

また、寝る前にアルコールを飲みすぎてしまったり、カフェインをとってしまうと睡眠の質を下げてしまうので気をつけましょう。

若ハゲを防止するための育毛剤の選び方

やはり薄毛対策としては育毛剤を使ってみるべきでしょう。育毛剤は前述のとおりシャンプー後に使用するのがベストです。毛穴に詰まっていた汚れを落とし、育毛剤が浸透しやすい状態にしてから塗布するようにします。

このとき育毛剤でも薬用有効成分が含まれているものを使用するようにしましょう。ここで育毛剤のおすすめを紹介します。

中でも有名なのはチャップアップという育毛剤です。天然由来成分やアミノ酸が配合されているこのチャップアップは、さまざまな年齢層の利用者さんから育毛効果の高さで評価を受けています。血行促進効果のあるセンブリエキスや、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸を配合することで頭皮ケアを行うことができます。

次におすすめするのが薬用育毛剤プランテルです。チャップアップと配合成分は変わりませんが大きく違うところはスプレー式ということです。スプレー式なので生え際へアプローチしやすくなっています。さらにこの製品は生え際から進行している薄毛に対して特化した製品になっているのでM字ハゲに悩んでいる人にとっては救世主です。

若ハゲを絶対に防ぎたいなら病院へ

いかかでしたか。ここまでの重要ポイントのまとめです。

  • 若ハゲになる原因としてヘアサイクルの乱れがある。
  • ヘアサイクルが乱れる原因として、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンがある。
  • 若ハゲの対策方法として、育毛剤の使用、頭皮マッサージ、食生活の改善、ストレス解消などが挙げられる。
  • 若ハゲの防止策として育毛剤は有効

あまりに若ハゲが気になってしまう人は日常生活にも影響が出てしまいます。人からの視線や評価が若ハゲによって気になってしまうからです。

まず、髪型について悩んでいるようでしたら美容師さんへ相談して自分にあった髪型を教えてもらうようにしましょう。ヘアセットが簡単で再現性が高い髪型にしてもらうと日常生活でもあまり気にしなくなるでしょう。

あまりに気になるようでしたら医療機関でカウンセリングや治療を受けることをおすすめします。AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症である可能性もあるため、専門のクリニックに相談し、薄毛治療やAGA治療を受けてみてはいかがでしょうか。

専門クリニックに相談する

TOP