ヘアカフェ

  • AGA薄毛治療情報サイト|原因と効果的な育毛方法まとめ

AGA薄毛治療情報サイト|原因と効果的な育毛方法まとめ

「薄毛・agaに悩んでいるけど、治療の効果はどれくらいか」
「育毛剤はなかなか効果が出なかったし、完治するものなのだろうか」

このように悩んでいる方は近年増えています。治療法といっても、専門病院、AGAクリニック、育毛剤…。何が一番効果的な治療なのか、わかりませんよね。

そこで今回は薄毛AGAに悩む男女にオススメな情報や治療法をまとめてみました。

薄毛の原因

薄毛には複数の原因があり、年齢を重ねるごとにいくつかの原因が複合的に絡み合うことが多いです。

主な薄毛の原因は次の通りです。

睡眠サイクルの乱れ

睡眠時間が短くなると、その日に髪や頭皮に受けたダメージの修復を十分にできず、それが積み重なると薄毛になります。

また、睡眠時間中には成長ホルモンが分泌されます。睡眠サイクルが乱れると、成長ホルモンが分泌されにくくなるので、髪が作られにくくなります。

食生活の乱れ

食生活が乱れて、ビタミンやミネラル、たんぱく質などがきちんと摂取できていないと、髪を作る材料がなく発毛が難しくなります。

頭皮への刺激

シャンプーなどの洗髪料、スタイリング剤などの整髪料に化学合成物が配合されていると、それが頭皮を刺激して発毛を阻害します。

また、紫外線の影響で頭皮や髪が刺激を受けすぎても髪が生えにくくなります。

ストレス

ストレスは自律神経の交感神経ばかりを働かせるので、神経の緊張モードが続くことで血流が悪くなります。

すると、髪や頭皮に栄養が行かなくなり、薄毛の原因になります。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくと発毛を阻害するDHT(ジヒドロテストステロン)という新たな男性ホルモンが生まれます。

それが、原因でAGAという薄毛になります。

ホルモンの乱れ

女性の場合は、女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少することで、女性の中の男性ホルモンが強くなり、AGAと同じメカニズムで薄毛になります。

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、日本語に訳すと「男性型脱毛症」という名称で男性に多い薄毛の一つです。

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが作られ、それが発毛の邪魔をするため、AGAという薄毛になります。

AGAは完治する?

残念ですが、AGAは完治はしません。ですから、適切な治療をずっと続けなければいけませんし、放置しておいても途中で治療をやめても、かなり進行して手がつけられない状態になります。

つまり、植毛治療しか手段がないという状態になってしまいます。AGAの原因である男性ホルモンの分泌はなくすことができないため、半永久的な治療が必要となります。

すべての男性がAGAを発症するわけではありません。遺伝や体質によって、発症率がほぼ決まり、一度発症してしまうと、そのときの症状に合わせた治療法をずっと続けて行かなければいけません。

AGAの治療方法

AGAの代表的な治療方法は次の通りです。

プロペシアやミノキシジルを服用する

プロペシアやミノキシジルは、AGAの治療の中で主に使われる成分で、初期段階では飲み薬が処方されます。

プロペシアは、AGAの原因となるDHTの働きを抑制するフィナステリドという成分が含まれた成分です。そして、ミノキシジルは優れた血行促進効果をもつ成分です。

育毛メソセラピー・HARG(ハーグ)療法

育毛メソセラピーとHARG療法は、髪を成長させる細胞に働きかける因子を注射する治療方法です。

植毛

かなり進行したAGAの場合は、植毛治療が行われることもあります。人工毛を使った人工毛植毛と自毛を使った自毛植毛があります。

AGA治療を行なっているところ

AGA治療は次のような場所で行われています。

薄毛治療クリニック

発毛外来とも呼ばれるAGA専門の薄毛治療クリニックです。医療機関なので、かなり効果ある治療が見込めます。

皮膚科の病院

皮膚科でもAGA治療が行われていますが、プロペシアやミノキシジルの処方はあっても、細胞成長因子の注入までは行っていない皮膚科が多いです。

育毛サロン

医療機関ではなく育毛のための育毛サロンでもAGA治療を受け付けています。主に、頭皮環境を整えたり育毛剤を使った施術になります。

薄毛治療の費用目安

薄毛治療の費用の相場は、治療内容によって大きく違います。また、AGA治療は保険適用外になるので、比較的治療費が高額になります。

飲み薬

飲み薬のプロペシアの相場は、だいたい1カ月分が7,000円~10,000円程度です。

塗り薬

塗り薬で使われるミノキシジルは、1カ月分がだいたい5,000円~8,000円です。

育毛メソセラピー・HARG療法

育毛メソセラピー・HARG療法で使われる注射は、1回が10,000円~40,000円程度です。

植毛

植毛は自毛と人工毛、クリニックによっても大きく費用が違います。平均的には、1本当たりが300円〜1,000円程度です。

AGA病院選びのポイント

数多くあるAGA病院の中から、自分に合うAGA病院を選ぶときのポイントは3つです。

治療実績が豊富か?

AGA病院やクリニックのホームページに治療実績がちゃんと載っているかを確認しましょう。

できれば、写真つきでの症例が豊富に掲載されていると確実ですね。実績を多く持ったAGA病院は、それだけ治療環境も整い、医師の腕も確かということなので信頼できます。

予算と合う費用のクリニックか?

AGAは完治しないからこそ、無理のない費用で続けられるクリニックを選ぶべきです。カウンセリングの際に、費用のことをきちんと話してくれるクリニックは信頼できますし、それが予算に合っていれば長く通えますね。

通いやすい立地か?

費用も大事ですが立地条件もかなり大事です。自宅や会社などから近い場所にあるか?全国展開されているか?などもよくチェックしてから、AGA病院選びをしましょう。

薄毛治療病院のおすすめ5選

おすすめの薄毛治療病院をご紹介します。

AGAスキンクリニック

リーズナブルな費用でAGA治療を始められて、薄毛治療と植毛治療を一緒に行えるのが特徴の人気の薄毛治療病院です。

銀座総合美容クリニック

薄毛の状態に合わせて、飲み薬を基本として育毛メソセラピーも治療選択できる薄毛治療病院です。予算に合う治療法を提案してくれると評判です。

湘南美容外科

初回の治療費が大幅に安いので、AGA治療が初めての人におすすめな薄毛治療病院です。2回目からは、他の薄毛治療クリニックと同じくらいの費用です。

メンズヘルスクリニック東京

内服薬とアドバンスト発毛治療を基盤として、基本料金を月1回30,000円程度に固定しているので、料金形態がわかりやすく予算を立てやすい薄毛治療病院です。

治療方法は、内服薬をメインとしているので、発毛因子注射などの特別な治療はないものの、最低限の治療をリーズナブルな価格で行えます。

表参道スキンクリニック

女性も通える薄毛治療病院で有名なAGA治療ができる美容クリニックです。AGAの治療以外に、頭皮ケアもしっかりしてくれるので、頭皮環境をしっかり整えられます。

まとめ

最後にこれまでの内容のおさらいをしましょう。

  • 薄毛には複数の原因がある。

  • 年齢を重ねるごとにいくつかの原因が複合的に絡み合うことが多い。

  • AGAは完治はしない。

  • 適切な治療をずっと続けていくことが大切。

  • AGAの治療は薄毛治療クリニック、皮膚科、育毛サロンにいくと良い。

  • 値段は大いに異なる。

  • 治療先選びは実績が豊富か、予算に見合うか、定期的に通える立地かを確認。

このように薄毛の治療の際には気をつけるべきポイントがいくつかあります。正しい治療で、髪を気にしない生活を送りましょう。
専門クリニックに相談する

TOP