ヘアカフェ

  • 薄毛治療薬に効果はある?2つの育毛剤の効果や副作用を徹底検証

薄毛治療薬に効果はある?2つの育毛剤の効果や副作用を徹底検証

「テレビや広告で目にする薄毛治療薬って本当に効果あるの?」「薄毛治療薬って副作用大丈夫なのかな?」

薄毛に悩んでいる人、もしくは将来薄毛になるのではと不安を抱えている人は、このようなことを考えたことが一度はあると思います。

医療機関でAGAの研究が進み、薄毛治療に有効とされている薬はいくつかあります。

この記事では、薄毛治療薬の中でもメジャーで日本皮膚科学会が科学的根拠に基づき推奨されている「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2つの効果や副作用、また、育毛剤の危険性まで徹底的に解説していきます。

【薄毛治療薬①】ミノキシジルは世界で最も有名な育毛薬

「ミノキシジル」は、世界でもっとも有名な育毛薬のうちの一つで、「最強の薄毛対策治療薬」との呼び名も高いものです。

ミノキシジルは、1970年代に開発された成分です。このころは「薄毛対策のための治療薬」としては使われていませんでした。もともとは血圧を下げるための薬として開発されたのです。

高血圧のクスリとして使用されるなか、治療を受けていた人の身体に発毛効果があり、増毛が副作用として見られたため、この副作用に注目して研究が進み、薄毛対策の治療薬として使われるようになったのです。

ミノキシジルは、塗り薬としては日本でも厚生労働省の認可を受けています。現在では「飲み薬」としてミノキシジルタブレットが使われることもありますが、これに関しては医師の裁量に任されるところが大きいのが現状です。なぜならば、ミノキシジルは「飲み薬」としての認可は受けていないからです。

副作用が起こる可能性は低いです。まれに、塗布した部分にかゆみなどが起きることがあるとされてはいますが、これはミノキシジルに限った話ではないでしょう。

ミノキシジルにせよ、後でお話する「フィナステリド」にせよ、非常にさまざまなところでよく利用されるのは、単に「効果」だけでなく、その副作用が起こる可能性は低いことが挙げられます。

【薄毛治療薬②】フィナステリドは女性の服用が禁止されている

「フィナステリド」は、ミノキシジルと並ぶ育毛薬です。

フィナステリドは前立腺肥大の薬として研究・開発され、1992年にアメリカで認可されました。2005年には日本でも認可されています。

そもそも薄毛の原因の一つと考えられているのが5αリダクターゼという、人間誰もがもつ還元酵素です。

この酵素は男性ホルモンを、正常な毛髪の成長を乱れさすより強力な男性ホルモンに変換させる働きがあり、この強力な男性ホルモンと男性ホルモン受容体がくっつくことにより、毛母細胞が自然死し、薄毛を進行させるのです。

この酵素を抑制することにより、薄毛の予防・改善をすることが可能であり、抑制方法として有効性があるのが、このフィナステリドです。

フィナステリドを飲んでいる人のうちの78%は、3年後に改善がみられました。
(出典:『朝日新聞』(2010.10.26朝刊)[医療ルネサンス]薄毛の悩み(2)飲み薬半年 効果を実感

ただしこのフィナステリドは、女性の服用は禁じられています。特に妊娠中の女性がフィナステリドを飲んだ場合、胎児に影響がある可能性があるとされています。加えて、20歳未満の人は使うことができません。

また、「3年後」ということからもわかるように、フィナステリドはある程度継続して使い続ける必要があります。その使用継続年数は最低でも半年程度とされています。

フィナステリドはあくまで「男性型脱毛症(AGA)」の治療薬です。そのため、病気やストレスによる脱毛症の場合は効果がほとんど期待できないとされています。

注意すべきなのは、頻出するものではありませんが(20人に1人程度)、副作用としてまれに男性機能の低下がみられることです。
具体的には、性欲減退、勃起機能の低下、うつ、精子減少などが副作用としてあらわれる場合があります。

(出典:プロペシア添付資料

2つの薬を一緒に使う場合には用法用量をしっかり守って使う

薬のなかには、飲み合わせによって危険な効果が現れるものがあります。

しかし、ミノキシジルとフィナステリドについては、このような心配はほとんどないと考えられています。

このため、専門クリニックなどでは、ミノキシジルとフィナステリドを両方配合した種類の薬を出すところもあります。

ただ、いずれにせよ「飲みすぎ」は思わぬ危険性に繋がります。そのため、「Aというクリニックにかかっていてそこで薬が出ているのに、それを言わずにBというクリニックでさらに薬を出してもらう」などの行動は極めて危険です。

また、現在はミノキシジルやフィナステリドを使ったジェネリック医薬品もたくさん出ています。もちろんこれらのすべてが、「悪い物」であるとは言いません。

しかし、極端に安いものなどは粗悪品であることもあり、危険です。加えて、個人輸入によるミノキシジルやフィナステリドを使った薬も出回っていますが、安全を考えるのであれば、これは避けましょう。最低限、医師の診察を受けるべきです。

ミノキシジルやフィナステリドは、「サプリメント」ではなくて「薬」です。その使用容量はきちんと守らなければなりませんし、飲み方や塗り方も手順どおりに行わなければなりません。

ミノキシジルとフィナステリド以外の治療薬について

脱毛症の改善薬というと真っ先に挙がるのが、ミノキシジルとフィナステリドです。

しかし、それ以外にも、薄毛対策の薬はあります。

たとえば、「パントガール」。ミノキシジルやフィナステリドは男性型の脱毛症に効果的なものですし、特にフィナステリドは女性の使用には制限があります。

パントガールは、女性の薄毛に効果を示すものとして開発されました。女性にとってはうれしい薬であることは間違いないのですが、「認可」という部分では、ミノキシジルとフィナステリドの後塵を拝しているのが現状です。

また、先ほど述べた5αリダクターゼを抑制する薬として、ザガーロカプセルというものも2015年に厚生労働省から認可され、2016年より発売が開始されました。

価格はミノキシジルやフィナステリドに比べ高価ですが、サガーロカプセルには、デュタステリドという有効成分が含まれています。

薄毛の治療においてはしばしば、「薬」と「サプリメント」が混同されてしまいがちです。しかし、「薬」を使うのであれば、必ず医師の診察を受けることが重要です。

薄毛治療薬であなたの薄毛を改善しよう

いかがでしたでしょうか。これまでの内容をおさらいすると、

  • ミノキシジルは塗り薬の育毛剤として厚生労働省の認可を受けていて、世界で最も有名な育毛剤として効果が期待されている。
  • ミノキシジルは副作用が起こる可能性が低いが、かゆみが出るという症状は報告されている。
  • フィステナリドは飲み薬の育毛剤で、効果が出るまでが長く、ある程度継続して飲み続けなければならない。
  • フィステナリドの副作用として、ごく稀に男性機能の低下が見られる。
  • 育毛剤は「薬」なので、用法や用量をしっかり守らなければ、危険が伴うこともある。

このようになります。

薄毛治療の薬を購入する際は、上記の点にしっかり留意して前もって調べておくといいでしょう。

この記事の情報を参考にしても、どの治療薬が最も自分の症状に合っているか分からないという方は、無料でカウンセリングを行っているAGA専門クリニックやAGA専門病院も全国各地に沢山ありますので、まずは一度無料カウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

専門クリニックに相談する

TOP