ヘアカフェ

  • 【薄毛治療】4つの原因と3つの治療方法(市販薬・漢方・病院)

【薄毛治療】4つの原因と3つの治療方法(市販薬・漢方・病院)

「最近薄毛が気になるからどうにかしたい…」「薄毛治療って本当に効果あるの?」

このように思っている人は多いと思います。

薄毛治療には様々な方法があり、薄毛の度合いによって正しい対策をしなければ効果がなくなってしまう可能性もあります。

この記事では薄毛の原因から、その対策・治療方法を徹底解説します。

薄毛には4つの原因がある

薄毛というのは、毛量が少なくなって地肌が見えるような状況です。毛の本数は同じで細くなるケースと、毛の本数自体が抜け落ちて少なくなるケースがあります。

毛髪の平均の本数を約10万本とすれば、自然に1日当たり50本~100本は抜けていると想定されますが、150本以上抜け毛が継続する場合は、異常脱毛という抜け毛の病的なものでしょう。

ここでは、薄毛の原因についてご紹介しましょう。

【原因①】血液の流れが悪くなる

毛髪は、栄養を毛細血管から毛乳頭へ供給されて成長します。血液の流れが悪くなれば、毛髪は成長が遅くなってよく抜けるようになります。

【原因②】男性ホルモンが影響する

毛髪が抜けてしまうことには、男性ホルモンが大きく関係しています。

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、髪の育成を妨げてしまいます。このジヒドロテストロンは、同じく男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって強力な作用を持つようになったものをいいます。

この5αリダクターゼとテストステロンがどれだけ結びつきやすいかは遺伝をしてしまうのです。つまり、ジヒドロテストロンの影響を受けやすい人は薄毛になりやすくなってしまうのです。

【原因③】異常に皮脂の分泌が多い

異常に皮脂の分泌が多いと、炎症が頭皮に起きたり、毛穴が詰まったりするなどして、毛髪の成長が阻まれます。

【原因④】頭皮のつっぱり

頭皮と頭蓋骨の間にある血管が、頭皮の成長などによってつっぱって圧迫されることによって血液の流れが悪化し、毛乳頭細胞の働きが悪くなるといわれています。

薄毛の原因は、このような4つの中のいずれか一つののみとは限っていません。いくつかの原因が、影響を互いにしているケースも多くあると想定されます。

日常でできる薄毛対策(市販薬、漢方、病院)

ここでは、日常できる薄毛対策についてご紹介しましょう。

薄毛を市販薬で防ぐ

抜け毛は、日常生活を改善するとすぐに止まるということではありません。年を取ることによってもだんだんと新陳代謝は衰えてきて、毛髪が抜け落ちると生えにくくなったり、細い毛髪になったりするなど、多くの気がかりな症状が出てきます。

抜け毛がなかなか少なくならなければ、生活習慣を改善するだけでなく、漢方薬や育毛剤を使ってみましょう。例えば育毛剤のリアップは、育毛剤として薬局で購入でき、日本で唯一第一類医薬品に分類されているものもあります。

育毛剤に含まれているミノキシジルは、医薬品成分として厚生労働省から認可されており、直接毛包に働いて、毛細血管を拡げます。たんぱく質の合成や細胞の増殖を促すため、発毛作用があります。

これ以外にも、抜け毛に効果が期待できる市販薬は、いろいろなものが販売されています。適している商品は、抜け毛の症状や箇所、性別や年齢によっても違います。市販薬は自分の薄毛の症状に適したものを選びましょう。

薄毛を漢方薬で防ぐ

毛髪は、「腎」という生命力を貯えるところの作用が衰えたり、「血」が足りなくなったりすれば美しく維持できないと、東洋医学ではいわれています。

また、「気」がストレスで足りなくなることも、よくない影響が毛髪にあります。抜け毛を防ぐための漢方薬は、腎の作用をアップしたり、気や血を補う作用があるものを自分の体質に応じて、処方してもらいます。

薄毛が気がかりな場合は病院で診てもらう

抜け毛を防ぐためには、抜け毛の症状・原因・状況を正しく客観的に把握することが大切です。薄毛や抜け毛の原因を調査するためには、皮膚科、あるいは専門の発毛クリニックで診てもらいましょう。

また、抜け毛についての診療を、精神科、内科の一部でも行っている場合もあります。抜け毛の診療を行っている病院を、行きやすい地域で探してみましょう。

投薬が最も簡単で効果が出る!おすすめの市販薬

ここでは、おすすめ市販薬についていくつかご紹介しましょう。

フィナステリド

まず、AGA治療薬というと、フィナステリドの有効成分が含まれているものが一般的です。AGAが発症するのは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼというものと結合して、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)というものが増えるためです。

脱毛が進むのはこのDHTのせいで、毛髪がそのまま生えないで休止期にヘアサイクルがなります。フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害して、DHTが作られるのを防止する作用があります。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、発毛を促進します。毛乳頭細胞に作用し、活発に細胞をして発毛を促進します。

ですが、この市販薬は日本未承認であるため、医者の判断によって処方されます。効果は大きいのですが、副作用もあるため注意が必要です。

薄毛治療は自分に適した対策を知ることが大切

どうでしたか。今までの内容をおさらいしてみます。

  • 薄毛の原因として、血行不良、男性ホルモン、大量の皮脂分泌、頭皮のつっぱり、などが挙げられる。
  • 市販の薄毛治療薬(リアップなど)は、自分の症状に適したものを選ぶことによって高い効果が期待できる。
  • 東洋医学で毛髪に大切な要素とされている、「腎」の作用をアップしたり、「気」や「血」を補う作用がある漢方薬を処方してもらおう。
  • 抜け毛の症状、原因、状況を専門家に正しく判断してもらうために、病院で診療を受け、治療してもうことによって効果的な薄毛対策をしよう。
  • 市販薬でおすすめできる治療薬は、フィステナリドが含まれるもので、脱毛の原因であるジヒドロテストステロンの抑制に効果がある。
  • ミノキシジルタブレットも市販の薄毛治療薬として発毛促進などの効果が大きいが、日本では未承認のもので、副作用もある。

薄毛治療は、すぐに効果は期待できませんが、自分に適した対策をし続けることによって、薄毛ではなくなる場合があります。

そのために、自分がどの治療方法に適しているかを判断する必要があります。確実にそれができるのは、まず病院やクリニックで診察してもらうことでしょう。無料でカウンセリングしてくれるところもあるので、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか?
専門クリニックに相談する

TOP