ヘアカフェ

若ハゲは辛い…薄毛の原因と育毛効果が確実に期待できる4つの対策

「若ハゲになってしまい毎日が辛い…」「もう外に出るのが嫌だ…」若ハゲになるとこのように思い、あまりのショックで人生に絶望してしまう人もいると思います。

若ハゲだからといってもう髪の毛が生えてこないと諦めてしまうのはまだ早いです。

この記事では、若ハゲの原因と、対策方法を詳しく解説していきます。

若ハゲは辛いもの…若者の悩み

人は誰しも大なり小なり悩みを抱えています。その中でも髪の毛の問題は見た目でわかってしまいデリケートに取り扱われます。

最近ではハゲネタを売りにしているお笑いコンビも出てきていますが、一般の人はネタにすることはできず帽子で隠していることが多いです。

特に若年層でハゲてくると結婚や異性との交際にも影響してくることがあるでしょう。早い人では大学在学中にハゲが始まってくることもあり、そのときは友人と外出するのも拒まれるのではないでしょうか。

やはり自分でコンプレックスを抱えてしまうと、人は気にしていなくても見られているのではという気になりますよね。

友人がハゲネタでいじってきても、本人は悩んでいるのでノリよく対応することも難しいです。内面ではなく外見でわかってしまう若ハゲというのはものすごく精神的にも不安定になりがちです。

 

若ハゲの原因

若ハゲになる原因はさまざまです。

その中でも最も多い原因はヘアサイクルの乱れにより細い髪の毛が生えてきてしまうことです。この細い毛は抜けやすく、次に生えてくる髪の毛も細くなりがちです。人間の毛穴の数は生まれたときにほぼ決まり、死ぬまであまり変化することはありません。人は髪の毛の太さが異なることで、ハゲになるのかならないのかが決まるのです。

他にも頭皮ケアを怠ることで毛穴に汚れがつまって髪の毛が酸欠状態になり、ヘアサイクルが乱れることもあります。頭皮脂を除去することが毛穴汚れをきれいにするというふうにいわれていた時代もありましたが、実は頭皮脂の除去のしすぎは逆効果ということもわかってきました。

頭皮脂は適度に頭皮を湿らせておくことで髪の毛が生えてくるときにサポートする意味もあります。その頭皮脂がなくなってしまうと身体は分泌を始めます。頭皮脂を多く分泌しようと過剰に分泌された結果、脂が多くなり皮膚炎を引き起こすこともあります。皮膚炎が起きても生体防御反応で髪の毛が抜けてしまうことがあるので、抜け毛の原因になります。

また、若ハゲを気にしすぎることで精神的にストレスがかかることも抜け毛の原因になります。抜け毛は男性ホルモンの異常によっても起きます。睡眠不足はホルモンを分泌する自律神経を乱れさせるので抜け毛につながることがあります。

若ハゲ対策

食編

若ハゲは遺伝が関係していることがあります。遺伝は生まれたときに受け継いでいるので変えることはできませんが、食生活や生活習慣は変えることができます。

まずは食べ物から変えていきましょう。ここでは若ハゲ対策で摂取するとよいといわれる食べ物や成分について紹介します。

亜鉛
亜鉛は髪の毛を作る材料で、厚生労働省も米国保健福祉省の亜鉛欠乏症は脱毛につながると見解を紹介しています。(http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/12.html
亜鉛が多く含まれている食べ物は生カキやレバーですが、現在は亜鉛のサプリメントも販売されています。
ビタミンA・C・E
ビタミンは身体を構成する成分の中で重要なものです。中でもビタミンA・C・Eは、頭皮を健康に保つために必要な栄養素です。
ビタミンAは頭皮の皮膚細胞に働きかけ、ビタミンCはストレスが溜まらないようにしてくれます。
そしてビタミンEは血行促進作用があり、髪の毛が成長するのを助けてくれます。
ビタミンAは、鶏レバーやうなぎ、にんじん、ほうれん草、かぼちゃに多く含まれています。
ビタミンCは、赤パプリカやブロッコリー、ゴーヤ、ピーマン、キウイ、イチゴに多く含まれています。
そしてビタミンEは、アーモンドやツナ、たらこに多く含まれています。
ビタミンB7
他にも必要不可欠なのがビタミンB7です。これはビオチンという名前で呼ばれることもあり、たんぱく質をエネルギーに変換する機能があります。髪の毛の寿命を延ばす効果も期待されています。
ビタミンB7は、鶏レバーやピーナッツ、青のり、卵黄に含まれています。
大豆イソフラボン
髪の毛を作るために必要なたんぱく質やビタミンも含まれているのが大豆イソフラボンです。抜け毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑える効果もあり抜け毛抑制の効果が期待できます。
大豆イソフラボンは、納豆や大豆飲料、豆腐に多く含まれています。

生活習慣編

生活習慣を正すことで若ハゲを防止することができます。

まず、適度に運動をすることです。運動をすることによって、ジヒドロテストステロンという、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制することができます。自宅で簡単にできるストレッチや筋肉トレーニングなどでも効果はあるため、なるべく毎日体を動かすようにしましょう。ストレス発散にもなるのでおすすめです。

また、成長ホルモンが分泌される睡眠も見直しましょう。短い睡眠、質の悪い睡眠では髪が成長するための成長ホルモンの分泌を抑えてしまいます。さらに、睡眠不足は血行不良や代謝機能の低下も引き起こし、毛根の働きを弱めてしまいます。

頭皮ケア編

他にも、正しいシャンプーの使い方をすることで頭皮ケアを行うことが必要です。シャンプーをするときはしっかりと泡立て、頭皮全体をマッサージするように洗うようにします。決して爪を立ててゴシゴシ洗わないようにしましょう。時間がなくてもゆっくりと洗わなければ頭皮が傷つくことになります。

また、血行を促進させ、育毛に効果があると言われている頭皮マッサージもおすすめです。

しかし、頭皮マッサージをする場合には以下の点に注意しましょう。
①過度な刺激は逆効果なので避ける
②小指を使わない(角度的に爪が当たってしまう)
指の腹を回すように下から上に向かって、揉むようにマッサージをするのがコツです。
特に風呂上がりは血行がよくなっている状態なので、毎日頭皮マッサージをする癖をつけましょう。

育毛剤編

やはり若ハゲの対策でベストなのは育毛剤を用いることではないでしょうか。

まずおすすめするのは、チャップアップです。このチャップアップは育毛業界では珍しく永久返金保証制度(定期便のみ)を設けています。これは育毛剤に自信があるだけでなく、実績も伴っているから成り立っているのです。
次は、薬用育毛剤プランテル(医薬部外品)です。スプレー式で頭皮に吹きかけるので使用しやすいのが特長です。センブリエキスやセファランチン・グリチルリチン酸2Kといった有効成分が含まれているので薬用効果も期待できます。

そして最後に紹介するのが、濃密育毛剤ブブカです。毎年リニューアルされているこの商品の特長は保湿成分が多く含まれていて頭皮を乾燥させないということです。

商品として何種類もある育毛剤ですが、成分や価格等を検討し、ご自身にあった商品を選択するようにしましょう。あまりに高額だと長期間にわたっての使用がむずかしくなるので十分な効果を得ることができなくなります。

若ハゲの症状は10代から

若ハゲの明確な定義はありませんが。若ハゲといっても様々ですが、その中でもAGAというものがあります。AGAは男性型脱毛症と呼ばれていて薄毛の症状が出る時期が若いと若年性脱毛症と呼ばれます。

早い人では10代後半からAGAの症状が出てきて、同級生に比べておでこの広がりがあることや地肌が目立つ、抜け毛が多いことなどが特徴的です。

さらに、自分の髪の毛が少なくなっていると感じている人の割合は10代・20代でも多く10代は8.5%で20代で28.4%となっています(株式会社毛髪クリニック リーブ21調べ 2015年集計データ)。

この数字を見て高いと感じるのか低いと感じるのかは人それぞれですが、意外と高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

一度気になり始めるとずっと気になってしまうのが若ハゲです。周りからどう見られているのだろう、あの人は頭を見ているのではないだろうかと精神的に気になり始めて仕方がなくなる気持ちはわかりますが、あまりに気にしすぎは身体によくないです。

若ハゲが辛いという悩みに必要なのは早急な対策

いかがでしただしょうか?最後に今までの内容をおさらいすると、

・若ハゲは精神的に不安定になる人もいるくらい辛いものである。
・若ハゲになる原因は様々であるが、頭皮ケアの怠り、精神的ストレスによるものなどである。
・若ハゲはこの記事で紹介している食べ物で対策することができる。
・若ハゲは生活習慣、頭皮ケア、育毛剤で対策することができる。
・若ハゲの中にはAGAという症状もあり、若ハゲに悩んでいる人は10代からいる。

このようになります。

とにかく大事なのは、若ハゲに悩み始めたら、この記事で紹介している何かしらの方法で対策をすること。

いつまでも悩んでいるのが若ハゲをさらに進行させ、悪循環を作り出してしまいます。

悩んでいても何も始まりません。悩むことをやめて、前向きに人生を歩んでいきましょう。

TOP