ヘアカフェ

  • 薄毛治療の料金はいくら?薄毛の治療方法別に料金を比較!

薄毛治療の料金はいくら?薄毛の治療方法別に料金を比較!

薄毛やAGAは治療で改善できる

AGAで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
では、AGAは治療で改善できるのでしょうか?
AGAは、皮膚科、美容形成外科、形成外科などの治療で改善が見られます。
AGAの治療は、皮膚科や美容形成外科で診察しする場合もあります。
また、AGAを専門に治療しているクリニックの場合は、皮膚科、美容形成外科の範囲を超えたケアと診療を行ってくれます。

薄毛・AGAの治療方法と内容

主なAGA治療方法としては、医薬品を使った治療、外科的な植毛による治療があります。

【治療法①】医薬品を使った治療

医薬品を使った治療としては、病院で医師によって処方される内服薬、ドラッグストアや薬局などで販売している頭皮に塗る外用薬があります。

【治療法②】外科的な植毛による治療

外科的な植毛による治療は、毛包ごと自毛を移植して、毛包を自然に再現することを目指したものです。
別の治療法では効果が十分に期待できない場合や、毛量をもっと多くしたい場合に使われます。

治療方法の効果と副作用

ここでは、それぞれのAGA治療方法の効果と副作用についてご紹介しましょう。

【治療法①】内服薬ではEDの副作用がある

代表的な内服薬としては、フィナステリドが含まれているものがあります。
フィナステリドは、ジヒドロテストステロンというAGAの要因を抑える効果が期待できます。
AGAが進むのを、この効果によって抑えます。
副作用として最も多いのはEDです。
これ以外に、腹痛や頭痛などが起きる場合があります。

【治療法①】外用薬では頭皮のかゆみの副作用がある

外用薬のミノキシジルは、頭皮に塗ることによって血液の流れを改善して、育毛や発毛を促します。
副作用として最も多いのは頭皮のかゆみです。
頭皮の湿疹や炎症、倦怠感や眠気が起きる場合もあるようです。

【治療法②】外科的な植毛では副作用として痛みがある

外科的な植毛は、毛を薄毛の箇所に植えるものです。
自毛植毛というのは、植毛を自分の毛を利用して行うものです。
移植を毛髪の組織ごとに行うことによって、毛髪は細胞分裂をし続けるため、抜け落ちにくくなります。
副作用としては、痛みがあったり、手術した跡が残ったりする場合があります。

治療方法別の料金・相場を比較

ここでは、それぞれのAGA治療方法の料金についてご紹介しましょう。

【治療法①】内服薬は外用薬よりはリーズナブル

基本的に、フィナステリドは、AGA治療をしている病院で診てもらってから処方というようになります。
目安としては、最も安い料金が約4,200円、最も高い料金が約25,000円、平均の料金が約10,500円です。

【治療法①】外用薬は少し価格が高めである

ミノキシジルは、AGA治療をしている病院で診察してもらった後に処方してくれます。
基本的に、病院はどこも、ミノキシジルのみでなく、サプリやフィナステリドを一緒に処方しているようです。
料金がフィナステリドに比較して高くなるのはこのためでしょう。
目安としては、最も安い料金が約10,260円、最も高い料金が約23,000円、平均の料金が約17,450円です。
なお、セットしているものの価格で、料金は違っているようです。

【治療法②】外科的な植毛では平均100万円くらいかかる

植毛の場合は、グラフトあるいは株と単位が言われており、だいたい1グラフトにつき2本の毛が生えているようです。
ここでは、料金を1,000グラフトで比べてみましょう。
目安としては、最も安い料金が約600,000円、最も高い料金が約1,400,000円、平均の料金が約980,000円です。
なお、詳しい料金については、それぞれのクリニックに直接問い合わせましょう。
料金は、メスを入れるかどうかで違ってくるようです。
メスを入れない方法は、機械と高い技術力が使われるため、高い料金になります。
また、基本料金を施術料以外に設定している場合もあります。
料金は、基本料金があるかどうかで違っているようです。

AGA治療は健康保険適用外である

AGA治療は長期間になるため、健康保険が適用されるかどうかか気がかりでしょう。
しかし、AGA治療は健康保険適用外になります。
というのは、AGA治療は国が決めた医療保険が適用されるものに入っていないためです。
AGA治療は、美容整形と同じジャンルであり、生命に関係しない治療と見なされています。

薄毛の治療費はジェネリック医薬品で安くできる

治療費はジェネリック医薬品で安くできます。
では、どうしてジェネリック医薬品は安いのでしょうか?
ジェネリック医薬品は、販売費や開発費が新しい薬に比較して抑えられているからです。
新しい薬を開発する場合は、10年~15年程度の期間と莫大な費用がかかります。
ジェネリック医薬品の場合は、有効性・安全性がすでに確認された成分を使っているので、開発が短期間の約3年というものでできます。
そのため、新しい薬に比較して開発する費用が少なくなります。
また、新しい薬の場合は、その薬の安全性情報や使用方法などを医療関係者に伝えたり、集めたりするために費用が莫大にかかりますが、ジェネリック医薬品の場合は、このような費用も最小限で済むので、価格が安くなります。

副作用などの注意点もあるので一度医師に相談する

薄毛治療としては、さまざまなものがあり、料金もそれぞれ違ってきます。
また、薄毛治療の場合は、副作用などもあるので、一度医師に相談するようにしましょう。

TOP