ヘアカフェ

  • 薄毛治療の料金はいくら必要?治療方法別にかかるを比較!

薄毛治療の料金はいくら必要?治療方法別にかかるを比較!

「薄毛治療には、どのくらいの費用がかかる?」
「薄毛治療に保険は適用されるの?」

薄毛治療は一度の治療で終わるものではなく、半永久的に治療が必要です。 また一度の料金も安いものではなく、治療方法によって違うもののそれなりにかかってきます。

この記事では、
・薄毛治療の方法
・薄毛治療の効果
・薄毛治療法別の料金
を解説します。

薄毛やAGAは治療で改善できる

薄毛やAGA(男性型脱毛症)で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
では、AGAは治療によって改善できるのでしょうか?

結論からいうと、治療は可能です。

AGAは、皮膚科、美容形成外科、形成外科などで治療を受けることで改善の効果が期待できるのです。

また、AGAを専門に治療しているクリニックの場合は、皮膚科、美容形成外科の範囲を超えたケアと診療を行ってくれます。

つまり、AGAや薄毛の治療は病院やクリニックでのしっかりとした治療で対策をすることで、改善することができるのです。

薄毛の治療方法と治療内容

主なAGA治療方法としては、医薬品を使った治療、外科的な植毛による治療があります。

【治療法①】医薬品を使った治療

医薬品を使った治療としては、病院で医師によって処方される内服薬、ドラッグストアや薬局などで販売している頭皮に塗る外用薬があります。

内服薬は、医師の診断によって処方されます。
ですので、ドラッグストアなどで市販はされていません。

一方、頭皮に塗る外用薬はテレビCMでもあるように多くの商品が販売されています。
リアップやスカルプジェットなどが外用薬として有名です。

【治療法②】外科的な植毛による治療

外科的な植毛による治療は、毛包ごと自毛を移植して、毛包を自然に再現することを目指したものです。
別の治療法では効果が十分に期待できない場合や、毛量をもっと多くしたい場合に使われます。

植毛には、2種類あります。
それが「人工植毛」と「自毛植毛」というものです。

人工植毛というのは、文字通り、人工に作られた毛髪を植えるというものです。
毛髪の量に制限がないため、気になる部分全体に毛髪を植えることができるのが特徴です。
その一方、体にとっては異物であるので、人によってはアレルギー反応が現れることがあります。
また自分の毛髪ではないため、見た目に不自然さを感じる場合もあります。

自毛植毛というのは、植毛を自分の毛を利用して行うものです。
移植を毛髪の組織ごとに行うことによって、毛髪は細胞分裂をし続けるため、抜け落ちにくくなります。
また、自分の毛髪を使うので、自然な見た目になります。
その一方、副作用として痛みがあったり、手術した跡が残ったりする場合があります。
そして、自分の毛髪を用いるので、毛髪の量には制限があります。

薄毛治療の効果と副作用

ここでは、それぞれのAGA治療方法の効果と副作用についてご紹介しましょう。

【治療法①】内服薬でも副作用がある

代表的な内服薬としては、プロペシアが挙げられます。

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれています。
このフィナステリドは、ジヒドロテストステロンというAGAの要因を抑える効果が期待できます。
AGAが進むのを、この効果によって抑えます。

内服薬の副作用として最も多いのは性欲減退です。
そのほかにも勃起機能の低下やうつなどが挙げられます。

しかし、副作用として注意が必要なのは肝機能障害です。
これはもともとの肝臓機能にもよりますが、注意が必要です。
肝機能の恐ろしいところは、初期症状がないところです。自分で体の異変を感じるころには、肝臓がボロボロになっているケースもあります。
そのまま放置してしまうと、肝不全や肝硬変、肝臓ガンなどを発症するリスクがあるので注意が必要です。

ですので、内服を始める前と後とで血液検査をして、しっかりと調べることをオススメします。

【治療法①】外用薬では頭皮のかゆみの副作用がある

外用薬として代表的なものは、ミノキシジルというものです。

ミノキシジルは、頭皮に塗ることによって血液の流れを改善して、発毛や育毛に大切な毛乳頭が毛細血管から栄養を得ます。
特に、頭頂部や生え際の発毛促進に効果があります。

ミノキシジルの副作用として最も多いのは頭皮のかゆみです。
頭皮の湿疹や炎症、倦怠感や眠気が起きる場合もあるようです。

【治療法②】外科的な植毛では副作用として痛みがある

外科的な植毛は、毛を薄毛の箇所に植えるものです。

人工植毛や自毛植毛の一番の良い利点は、一度で行えるということです。
内服薬や外用薬では、効果が出るのに時間がかかります。
また、確かな効果を感じることができます。

その一方で、植毛は費用がかかるのがデメリットです。
外科的な治療になるため、相当なスキルが必要です。
その分、かかる費用は高くなります。

 

薄毛治療の方法別の料金・相場を比較

ここでは、それぞれのAGA治療方法の料金についてご紹介しましょう。

【治療法①】内服薬は外用薬よりはリーズナブル

基本的に、プロペシアは、AGA治療をしている病院で診てもらってから処方というようになります。
目安としては、最も安い料金が約4,200円、最も高い料金が約25,000円、平均の料金が約10,500円です。

【治療法①】外用薬は少し価格が高めである

ミノキシジルは、AGA治療をしている病院で診察してもらった後に処方してくれます。
基本的に、病院はどこも、ミノキシジルのみでなく、サプリやフィナステリドを一緒に処方しているようです。
料金がプロペシアに比較して高くなるのはこのためでしょう。
目安としては、最も安い料金が約10,260円、最も高い料金が約23,000円、平均の料金が約17,450円です。
なお、セットしているものの価格で、料金は違っているようです。

【治療法②】外科的な植毛では平均100万円くらいかかる

植毛の場合は、グラフトあるいは株と単位が言われており、だいたい1グラフトにつき2本の毛が生えているようです。
ここでは、料金を1,000グラフトで比べてみましょう。
目安としては、最も安い料金が約600,000円、最も高い料金が約1,400,000円、平均の料金が約980,000円です。
なお、詳しい料金については、それぞれのクリニックに直接問い合わせましょう。
料金は、メスを入れるかどうかで違ってくるようです。
メスを入れない方法は、機械と高い技術力が使われるため、高い料金になります。
また、基本料金を施術料以外に設定している場合もあります。
料金は、基本料金があるかどうかで違っているようです。

薄毛治療は健康保険適用外である

AGA治療は1回で終わるものではありません、半永久的に続きます。
そのため、治療にかかる費用について心配される方も多いと思います。

しかし、AGA治療は健康保険適用外になります。
理由としては、厚生労働省が定めた医療保険の適用されるものに薄毛治療が含まれていないためです。

内服薬や外用薬、植毛などの薄毛治療は命に関わる治療ではないため、美容整形と同じ分類に分けられ、保険適用外となります。

薄毛の治療費はジェネリック医薬品で安くできる

薄毛治療にかかる費用は、処方する薬が大きな割合を占めています。
そこで、その医薬品をジェネリック医薬品(後発医薬品)にすることで費用を安くすることができます。

では、どうしてジェネリック医薬品は安いのでしょうか?
ジェネリック医薬品は、販売費や開発費が新しい薬に比較して抑えられているからです。
通常、新しい薬を開発する場合は、10年~15年程度の長い時間がかかります。
かかる時間が長い分、費用もかかります。

ジェネリック医薬品の場合は、有効性・安全性がすでに確認された成分を使っているので、開発が短期間の約3年というものでできます。
そのため、新しい薬に比較して開発する費用が少なくなります。

また、新しい薬の場合は、その薬の安全性情報や使用方法などを医療関係者に伝えたり、集めたりするために費用が莫大にかかりますが、ジェネリック医薬品の場合は、このような費用も最小限で済むので、価格が安くなります。

薄毛治療の料金はそれなりにかかる

最後に、今回の内容をおさらいしましょう。

①薄毛治療には、医薬品による治療と植毛による治療がある。
②どちらの治療法にも副作用はある。
③医薬品による治療には、1万円〜2万円くらいかかる。
④植毛による治療には。100万円くらいかかる。
⑤薄毛治療は保険適用外。

どちらが良いというのは一概には言えませんが、双方の効果や副作用をよく比較して、また予算ともよく相談をして治療を受けることをオススメします。

また、クリニックの中には無料カウンセリングというものをしているところがあるので、それを利用してあなたが抱いている不安や疑問点を解消してみてもいいのではないでしょうか?

専門クリニックに相談する

TOP