ヘアカフェ

  • 薄毛治療の副作用って何?使用前に知るべき治療薬の危険性とその症状

薄毛治療の副作用って何?使用前に知るべき治療薬の危険性とその症状

薄毛治療による副作用

「薄毛治療で治療薬に手を出したいが、副作用が怖い…」
「薄毛治療で副作用が起きた場合、どんな症状が出るのか知っておきたい。」

治療法を選択する際に副作用が心配になるのは当然です。そのために、あらかじめその実態を知っておくことが大切です。

この記事では薄毛治療による主な副作用の症状とAGA治療薬の危険性について解説します。

確実に副作用を防ぎたいなら

自分自身で治療法を選択することは、とても不安になります。確実に副作用を防ぐために、専門クリニックで自分の頭皮状態や体質を調べて医師の相談のもと、治療を行うことをおすすめします。

専門クリニックでは、専門医師の診察や血液検査、写真撮影を通してあなたの身体の状態を正確に知ることができます。治療薬は副作用のリスクがあるため、試す前には専門医師に相談しましょう。
詳細はこちら

薄毛治療方法毎に異なる副作用の危険性

内服発毛剤とその副作用

内服発毛剤の場合は、副作用として、性欲の低下、ED、精子の減少があるといわれています。男性機能の低下が主な副作用です

内用薬は体内に取り込むため、全身をめぐり、副作用の発症率も高くなっていきます。

ここではミノキシジルタブレットとプロぺシアを取り上げます。

ミノキシジルタブレット

副作用

ミノキシジルタブレットの副作用として低血圧、頭痛、動悸があります。
そもそもミノキシジルは血圧を下げるために処方される薬であるため、このような症状が生じます。

またこの他にも、多毛症という症状があります。これは全身の毛が濃くなる症状です。
個人差はもちろんありますが、顔回りに発症することが多く、その他にも腕や胸、指などが挙げられます。

また体毛が濃くなっても必ずしも髪が増えるわけではない、ということもあります。

効果

ミノキシジルは頭皮の毛母細胞に働きかけて細胞分裂を活性化し、髪の成長を早める働きがあります。

また、血流を促進する働きもあるのでミノキシジルの使用で頭皮の毛細血管が拡張されます。そして毛乳頭細胞から血管を通ってきた栄養素が毛母細胞にうまく受け渡せるようになり、頭皮の健康にもつながります。

プロぺシア

副作用

プロペシアの副作用として、下痢や腹痛などが挙げられます。

また肝機能の低下も報告されています。この肝機能の低下は、自分でも気づくことが難しく、定期的に血液検査を受けることで発見することができます。

発症する確率はかなり低いですが、起こる確率はゼロではないので念頭においておく必要があります。

効果

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、脱毛ホルモンを抑制し、抜け毛を防ぎます。
薄毛の進行を抑えるのに効果的となっています。

外用薬の発毛剤とその副作用

外用薬の発毛剤については、頭皮のかゆみや炎症、湿疹等の副作用があります。
これは外用薬に含まれるプロピレングリコールがアレルギー反応を起こすためです。

外用薬は、気になっている部分にのみ処方するので、副作用が起こったとしても、広範囲に及ぶことは基本はありません。

ここでは市販でも手に入れることができる、ミノキシジル外用薬について紹介をします。

ミノキシジル外用薬

副作用

ミノキシジル外用薬で多く見られる症状は、頭皮のかゆみや皮膚の炎症です。

また個人差はあるのですが、ミノキシジルタブレットでも見られた必要以上の血圧が低下などの症状が、起こる可能性があります。

そのため外用薬にはあまり見ることのないめまい、頭痛、息切れなどがあります。

自毛植毛とその副作用

自毛植毛の副作用としては、痛みや傷が出る、ショックロスが起きる、ことが挙げられます。

なお、ショックロスというのは、手術した後に移植した箇所の周辺の残っていた髪の毛が抜けるものです。

育毛メソセラピーとその副作用

育毛メソセラピーは、注射によって頭皮に発毛に必要な成分を直接注入する治療方法です。育毛剤などに比べて非常に高い薄毛の改善効果を得ることができます。

その副作用として、施術部位が赤くなる、抜け毛が増える、ことが挙げられます。

施術部位が赤くなるのは、育毛成分を直接注入するのでその強い刺激に対して頭皮がびっくりしてしまうからです。時間が経てば、頭皮の赤みもなくなります。

つまりどちらも一時的なもので、育毛メソセラピーに関しては副作用のリスクが低いといえます

HARG療法とその副作用

HARG療法は、毛髪再生治療の最先端の薄毛治療で、認定された医療機関だけで受けられます。

このHARG療法は、どのような髪の状態の場合でも、ほとんど確実に発毛効果が期待できるというもので、毛髪が再生するのに有効な成分を頭皮に注射で打ち、頭皮に直接与えるものです。

幹細胞から抽出した数多くの成長因子(HARFパウダー)とビタミンなどを混合した「HARGカクテル」という有効な成分を頭皮の毛根まで届けることで、増毛を促します。

気になる副作用ですが、副作用の症状が報告されたケースはなく、細菌・ウイルス検査などを行って安全性も確認されているため、安心して治療を受けることができます

副作用が不安な方は、こちらの治療法が最もおすすめです。

副作用ではない症状

副作用ではないのに、副作用であると勘違いの起こりやすい症状があります。
それは初期脱毛というものです。
この初期脱毛は大量に髪の毛が抜けてしまうので心配する方も多いのですが落ち込む必要はありません。

この症状が起こるのは、治療薬がきちんと届いている証拠です。

ヘアサイクル

これはヘアサイクルの問題に関係してきます。薄毛が起こっているときはヘアサイクルが乱れている状態です。

しかし、この初期脱毛が起きているというのは、ヘアサイクルが正常に戻ってきているという合図です。ここで抜けていく髪は弱毛であり、その後新しく太い毛が生えてきます。

初期脱毛期間

平均的な初期脱毛期間は1カ月から2カ月といわれています。
この症状期間は新しい髪の生え変わり期間です。

そのため抜け毛が増えたとしても、悲観的にならず前向きに治療を進めていきましょう。

こんな人は要注意!使う前に確認しよう

ミノキシジルに注意すべき人

  • 肌の弱い方
  • 循環器系に欠陥を抱えている方
  • 妊娠している方
  • 未成年の方

ミノキシジルは副作用で皮膚炎症を起こす方が多いことから、肌が弱い方は注意をする必要があります。

循環器系に欠陥を抱えている方も要注意です。
ミノキシジルはもともとは高血圧患者のための薬であったことから、低血圧の方が使用すると必要以上に血圧を下げてしまうことがあります。
またプロペシアと同様、妊娠している方、未成年の方も使用が禁止されています。

プロぺシアに注意すべき人

  • 未成年の方
  • 女性の方
  • 妊婦の方
  • 肝臓に欠陥のある方

プロペシアは未成年や女性の服用は禁止されています。

特に女性が妊婦の場合は、胎児に悪影響を及ぼすため、触ることさえ禁止されています。
主成分であるフィナステリドの副作用として、性機能障害があるため、それが作用し胎児に症状をもたらす可能性があるのです。

また肝機能の低下といった副作用も見られるため、肝臓に欠陥がある方や喫煙している方、お酒をよく飲む方は使用することを検討する必要があります。

薄毛治療で副作用による症状が出た時の対処法

上記の内容を把握し、注意して選んだとしても、中には体質的に適さず、体に影響が出てしまう場合も少なくありません。

市販されている育毛剤など多くの治療法は、使う人のさまざまな体質や頭皮の状態に応じて作られたものではないので副作用が出ることがあります。

ここでは薄毛治療で副作用が出てしまった時の対処法をご紹介します。

薄毛治療の副作用で症状が出たら使用を中止

もし、薄毛治療の外用薬で発疹やかゆみの副作用による症状が出たら、すぐに使うのを止めましょう

使用を止めれば、薄毛がさらに進行してしまうかもしれないと思う方も多いと思います。

しかしこれは逆に薄毛や抜け毛を促す恐れがあります。

もし、薄毛治療の内服薬で副作用が出たら、外用薬と同様に使用を中止し、必ず薬剤師や医師の指示に従いましょう
発毛剤は、高いリスクがある場合があるからです。

薄毛治療の副作用を防ぐなら「専門クリニック」

副作用のリスクが低い治療法があるとはいえ、最大限の効果が見込め、かつ安全性に問題ない治療法を自分自身で判断するのはとても難しいです。

確実に薄毛の改善効果を得るために、まずは専門クリニックでの医師との相談をしてみると良いでしょう。

あらゆる検査をすることで自分の体質や頭皮の状態を把握することができ、治療する際の副作用のリスクを減らすことができます。

一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
詳細はこちら

まとめ|薄毛治療の副作用のリスクを減らそう

最後にこれまでの内容のおさらいをしましょう。

  • AGA治療薬の成分「フィナステリド」や「ミノキシジル」には副作用が起きる可能性がある。
  • 薄毛治療の副作用で症状が出たらすぐに使用を中止する必要がある。
  • どの治療方法にも副作用の可能性があるため、薬を試す前に専門医へ相談しよう!

薄毛治療を受ける人において副作用の可能性は必ず知っておく必要があります。自分に合った方法を見つけ、安全に治療を行いましょう。

TOP