ヘアカフェ

  • 【薄毛治療】どのくらい費用がかかる?相場を治療方法別に徹底解説!

【薄毛治療】どのくらい費用がかかる?相場を治療方法別に徹底解説!

治療にかかる費用

「薄毛治療って高いイメージ…」
「実際どのくらいの費用で薄毛治療できるんだろう?」

いざ薄毛治療を始めようと思っても、相場がわからないと不安ですよね。
薄毛治療といっても治療法は様々で、料金も治療法によって大きく変わってきます。

この記事では、薄毛治療の方法から、それぞれの相場や最安値まで詳しく解説していきます。

薄毛治療の費用は?

薄毛治療の具体的な方法は5つ!一般的な治療法を紹介

AGAに対する具体的な治療方法として以下の5つがあげられます。

1内服薬による治療
2外用薬による治療
3育毛メソセラピー
4HARG治療法
5植毛治療

薄毛治療といっても、治療の方法は様々です。一人ひとり合う治療法が違うので、自分に合った治療方法を見つけて治療することが重要となってきます。

また、AGA治療に健康保険を適用できるのか疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

残念ですが、健康保険はAGAに対する処置の場合は適用になりません。美容整形と同じジャンルにAGAの治療は入っており、生命に関係する治療でないため健康保険は適用されないのです。

費用を自分で負担しなければならないため、相場をしっかり把握することがより重要になってきます。

薄毛治療についてもっと知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

治療方法によって費用は大きく異なる!方法別に紹介

先にご紹介したように、AGAの治療方法としては具体的に5つありますが、費用はそれぞれ違っています。方法別に紹介していきます。

【治療法1】内服薬の相場

内服薬の相場は、クリニックによっても異なりますが、28錠の約1カ月分で7,000円~10,000円程度になります。

また、ジェネリックという後発医薬品などでAGAの治療をする場合は、薬を約2,000円(1ヶ月当たり)以下で買うことができます。

内服薬といっても様々な種類があり、価格も種類によって異なってきます。

代表的な薬の相場を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

プロぺシア

男性型脱毛症(AGA)に処方される薬であるため、男性の方が処方の対象となります。厚生労働省に認められている(認可)薬です。

主成分

フィナステリド

費用

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠の服用となります。金額(税込)は28錠で6,480~8,120円程度です。

ミノキシジルタブレット

主成分は大正製薬が販売している育毛剤・リアップにも使われている、ミノキシジルです。これはプロメシアと併用することが多いです。

主成分

ミノキシジル

費用

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に2錠の服用となります。金額(税込)は100錠で21,600円程度です。
男性の方が対象となります。男性型脱毛症の原因物質である男性ホルモンの一種・DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制します。

ザガーロ・アボルブ

主成分

デュタステリド

費用

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠、または1カプセルの服用となります。

ザガーロの金額(税込)は30錠で8,200~12,420円、アボルブの金額(税込)は30錠で10,260円程度となっています。

ヴィヴィスカル・プロフェッショナル

ヴィヴィスカル・プロフェッショナルは、弱った髪に栄養を与える効果があるサプリメントです。

そのため、男性型脱毛症(AGA)だけではなく、薄毛や抜け毛にも効果があり、男性・女性問わず処方対象となります。

主成分

海洋性たんぱく質「AminoMar C™(アミノマーC)」、プロシアニジン B2、ビオチン

費用

また、ヴィヴィスカル・プロフェッショナルの金額(税込)は60錠で16,200円程度となっています。

これらの医薬品は効果もある一方で副作用も少なからず発症する可能性がある為、必ず医師の判断のもと、飲み薬を摂取することをおすすめします。

ファイザー

プロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分を同じ量を使って作られた医薬品です。

そのため処方対象となる方やその症状、効果や副作用はプロぺシアと同様です。

費用

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠の服用となります。金額(税込)は28錠で5,880~7,560円程度となっています。

女性でも服用できる薄毛治療薬(パントガール)

女性の薄毛の原因のほとんどは、頭皮の疾患による抜け毛であるとされています。ヘアケア製品やフケによるトラブルがあります。

その中でも特に老化やストレス、過度なダイエットなどによるびまん性脱毛症や出産後の「分娩後脱毛症」などが症状として挙げられます。

そうした女性の薄毛に効果的な飲み薬が「パントガール」です。

費用

購入には医師の処方が必要で、通常朝・昼・夕に1カプセルずつの服用となります。

パントガールの金額(税込)は90カプセル錠で10,260~12,960円程度です。

【治療法2】外用薬の相場

外用薬として主して使用されるものは、ミノキシジルという成分が含まれているものです。頭部にミノキシジルを塗ることによって、毛細血管が拡がって細胞が活発になる作用があります。

一般的な外用薬の相場は、60mLの1カ月分で、約5,000円~8,000円くらいのものです。

ちょっと面倒ですが付属されているスポイドを使用するタイプでは2,500円くらいと比較的安い値段で購入できます。

【治療法3】育毛メソセラピーの相場

育毛メソセラピーとは、注射によって発毛や育毛に有効な成分を頭皮に直接注入する方法です。一回で効果を期待することは難しく、1クール(約6回)治療すると効果が期待できるといわれています。

一般的な相場は、一回の施術あたり約20,000円~100,000円です。それを6回繰り返すと全部で約120,000~600,000円ほどかかります。

薄毛治療でもかなり高額な方なので、治療する場合はきちんと医師と相談しましょう。

【方法4】HARG治療法

HARG治療法とは、髪の再生を促す細胞成長因子などを頭皮に注入する方法です。この治療法も育毛メソセラピーと同様で、1クール(約6回)治療する必要があります。

一般的な相場は、1回の施術で約100,000円~150,000円です。それを6回繰り返すと全部で約600,000円~900,000円ほどかかります。

費用はかなりかかりますが、非常に効果は期待できます。

【治療法5】植毛の相場

AGAの症状がかなり進んだ場合や、本人が希望する場合は植毛治療が行われます。

植毛の場合は、グラフトあるいは株と単位が言われており、だいたい1グラフトにつき2本の毛が生えているようです。

ここでは、料金を1,000グラフトで比べてみましょう。目安としては、最も安い料金が約600,000円、最も高い料金が約1,400,000円、相場では約980,000円です。

【まとめ】自分に合った治療法を見つけよう

いかがでしたか?最後にこの記事の内容をまとめていきたいと思います。

  • AGAに対する治療方法は主に5つある
  • 内服薬による治療、外用薬による治療、育毛メソセラピー、HARG治療法、植毛治療

  • 1ヶ月分の内服薬の費用相場は7,000円~10,000円程度である。
  • 1ヶ月分の外用薬の費用相場は約5,000円~8,000円程度である。
  • 育毛セラピーの費用相場は1クールあたり約120,000~600,000円である。
  • HARG治療法の費用相場は1クールあたり約600,000円~900,000円である。
  • 植毛の1,000グラフトあたりの費用相場は約980,000円である。

このようになります。

AGAの治療方法は症状に応じて取るべき処置が違っているため、自分に合うものが一番おすすめです。

もし、自分に合うAGAの治療方法がわからない場合は、専門のAGAのクリニックでどのようなものがよいか診てもらいましょう。
薄毛治療を申し込む

TOP