ヘアカフェ

  • 【薄毛治療】効果は本当にある?3つの治療方法や薬の成分を検証!

【薄毛治療】効果は本当にある?3つの治療方法や薬の成分を検証!

薄毛治療の効果

「薄毛治療って本当に効果があるの・・・?」

このような不安を感じている方は非常に多いです。実際に「育毛剤などを試してみたが、効果があまり感じられなかった・・」という声を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、薄毛治療には効果があります。効果はありますが、実感するまでに多少の時間がかかるため、はじめのうちは効果を実感しにくいのです。

この記事では、薄毛治療について、効果を実感できる期間や、治療方法・有効成分について詳しく説明していきます。
薄毛治療の費用って?

薄毛治療の効果を実感するには時間がかかる

薄毛治療の効果を実感できていない男性

効果を実感するには、一般的に半年程の期間がかかるといわれています。

3カ月以降からだんだんと効果が感じられはじめ、明確に効果を感じるのには半年ほどかかります。特に育毛剤のみの治療ですと、約8カ月弱の時間がかかります。

そのため、薄毛治療は短期間で効果がでるという期待や誤解はやめ、辛抱強く治療を続けることで効果がでることを覚えておきましょう。

では、薄毛の治療法にはどのような方法があるのか詳しく見ていきましょう。

薄毛の治療方法3つ

薄毛の治療方法として主に3つ以下の3つが挙げられます。

  • 発毛剤の服用・塗布
  • 注射
  • 植毛

一つ一つの治療法を詳しく見ていきましょう。

発毛剤の服用・塗布

薄毛治療に効果のある発毛剤
まず初めに紹介するのは、発毛剤での治療法です。発毛を促進する成分を服用・塗布することで新たな髪の毛を生やす治療法です。

発毛剤は大きく分けて2種類あり、薬局などで購入が可能な市販の発毛剤と、専門のクリニックで処方してもらう発毛剤です。

市販薬としては、大正製薬の「リアップ」が有名です。また、育毛シャンプーを利用して薄毛の治療・対策を行う方もいます。

市販薬の育毛剤や育毛シャンプーなどを使っても効果が見られなかったという方は、専門のクリニックで医師のの診療をもとに処方された薬を試すと、より効果が見込めます。

注射

薄毛治療に効果のある注射
最近では、頭皮への注射による治療法もあります。「成長因子」と呼ばれる髪の毛の成長を促進する栄養分やAGAの治療薬を直接頭皮に注入して育毛や発毛を促進するといった治療法です。

「頭皮に注射」と聞き、痛みに対する不安を抱いた方も多いでしょう。しかし、注射の前には、頭皮を冷やす器具を使用し、頭皮を麻痺させた状態で注射をするため、痛みはほとんどありません。

また、「ノーニードルメソセラピー」といって、針ではなく電気を使って頭皮に注射する治療法もありますので、痛みが心配な方はこちらを試してみましょう。

この注射による施術方法は、薄毛の新しい治療法として着目されているものです。

注射は特に生え際に効く

注射による治療法のメリットは、あなたの気になる薄毛の箇所に直接有効成分を注入できることです。

内服薬や外用薬ではなかなか手の行き届かない細かい部分を集中的に治療できるので、生え際の治療に特に効果があります。

植毛

植毛は、まだ髪の毛がある後頭部などから皮膚を毛根ごととって、毛根がない箇所に移植するという治療法です。植毛専門のクリニックにて治療を受けることが可能です。

植毛は「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類があります。どちらの方法も、大掛かりな手術が必要かつ、治療費用も高額なため上記で紹介した治療法で効果ができなかった方や、薄毛の進行度が深刻な方に推奨します。

また、体質やアレルギーによって植毛治療を受けられない場合や、傷跡が残ってしまうリスクも考えられますので注意が必要です。

次に、薄毛治療に有効な成分について詳しく説明していきます。

薄毛治療に有効な成分とその副作用

薄毛治療の効果と副作用
薄毛治療に有効な成分としては、ミノキシジルとフィナステリドがあります。どちらの成分も薄毛治療に有効だとして日本皮膚科学会も高い評価をつけています。

これらの有効成分を使った治療薬には育毛や発毛を促進したり、脱毛を抑制したりする効果が期待できますが、一方で副作用もあります。

ここでは、有効成分の詳しい説明とその副作用について見ていきましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルには、血管を拡張させ、頭皮や髪の毛に血液を送り込むことによって、育毛や発毛を促進する効果が期待できます。

発毛剤として人気の高い大正製薬の「リアップ」に含まれる成分です。従来は、外用薬と内服薬しかなかったミノキシジルを使った治療法ですが、最近では、先ほどお話した注射による治療法もあります。

副作用

ミノキシジルの副作用として挙げられるのは、

  • 血圧の低下
  • 多毛
  • むくみ

などです。一般的に外用薬よりも内服薬の方が、薬理効果も副作用も強くなる傾向があります。ここに挙げた3つの副作用は、主に内服薬によって引き起こされます。

敏感肌の方は、外用薬によって肌が荒れる可能性も考えられます。

フィナステリド

フィナステリドは、髪の毛が抜ける要因である男性ホルモンに働いて、脱毛を抑制する効果が期待できます。AGA (薄毛脱毛症) の治療薬として効果が認められているプロペシアの主成分です。

フィナステリドが脱毛を抑制するメカニズムを少し詳しく説明していきます。

抜け毛の原因となっている男性ホルモンの一種をテストステロンといい、これが酵素である5αリダクターゼと結合することにより、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

そしてこのジヒドロテストステロンがヘアサイクルの短縮を引き起こし、脱毛を促進するのです。

このフィナステリドは、5αリダクターゼに働きかけることによって、テストステロンとの結合を阻止し、DHTの生成を阻害することで抜け毛を抑制するのです。

副作用

フィナステリドの副作用は比較的軽いとされています。具体的には、

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • うつ病

などが挙げられますが、いずれも発症率は2%以下となっています。

【注意】女性の服用は禁止

フィナステリドは、女性の服用が禁止されているので注意が必要です。女性が服用してはいけないとされる理由は、胎児の正常発育に悪影響を及ぼす危険性があるためです。

女性の薄毛治療法と効果

薄毛治療の効果期待する女性
薄毛に悩むのは、男性に限りません。薄毛に悩む女性の方も多くいます。

男性に薄毛治療に効果のある薬の中には、先ほどお話したフィナステリドのように女性の服用が禁止されているものもあります。

では、女性の薄毛治療にはどのような方法があるのでしょうか。また、効果は期待できるのでしょうか。

女性の薄毛治療は外用薬が中心

前にお話ししたように深刻な副作用があるため、女性の薄毛治療薬として内服薬のフィナステリドは処方されません。

また更年期以降に薄毛を発症した女性には、副作用の心配はないですが、フィナステリドの効果がみられないため、女性の薄毛治療薬は、外用薬のミノキシジルが中心となっています。

もっとも一般的なのは、髪の毛の成長に働きかけるミノキシジル溶液です。「リアップレディ」という商品名のもので、薬局などで購入が可能です。直接頭皮に塗ることで、高い効果があります。

薄毛治療は早めに始めたほうが良い

「薄毛治療はもう少し薄毛が進行してきてからでもいいかな・・・」と考えてはいないでしょうか。

薄毛の治療は、薄毛に気がついたらすぐに行わなければいけません。なぜなら、ほおっておけばおくほど、どんどんと進行し、深刻化するからです。

しかし逆に言えば、薄毛の進行度が軽いうちから治療・対策をすればするほど、薄毛治療の効果は大きくなり、改善する可能性が高くなるということです。

忘れてはいけないのは、死んでしまった毛母細胞から、言い換えると髪が生える土俵がなければ、どう頑張っても髪は生えてこないということです。

髪が生える土俵があるうちに、しっかりと治療・対策をしましょう。

【まとめ】まずはクリニックで無料カウンセリングを受けましょう

薄毛治療の効果を見る医師と患者
いかがでしたでしょうか。今までの内容をおさらいすると、

  • 薄毛治療の効果を実感するまでには6ヶ月ほどかかる。
  • 薄毛の治療法として主に3種類の治療法がある。
  • 治療に有効な成分としてミノキシジル、フィナステリドがある。
  • 治療には副作用が起きる可能性があるため、事前に理解しておく。
  • 女性の薄毛治療は、外用薬が中心である。
  • 薄毛治療は、早いうちからやればやるほど効果が期待できる。

以上のようになります。

薄毛は早めに治療することで改善が期待できます。薄毛で悩んでいる場合は、まずは一度クリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。
薄毛治療をする

TOP