ヘアカフェ

  • 【薄毛治療】注射でミノキシジルという薬を注入するワケ

【薄毛治療】注射でミノキシジルという薬を注入するワケ

「育毛剤や発毛剤は全然効かない。もっと効果的な治療がしたい!」

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方の中には、内服薬や外用薬に物足りなさを感じている人も多いはずです。発毛に最も効果的な方法としてミノキシジルの注射を受けてみませんか。

この記事では、注射でミノキシジルを注入する効果や注意点、そして最後にどのような人が受けるべきなのかご紹介いたします。

薄毛治療の注射ではミノキシジルを注入する

薄毛治療の注射は、ミノキシジルを注入します。

ミノキシジルは、薄毛の治療薬として画期的なものです。
これまで、ミノキシジルは、塗ったりするものがメインでした。
しかし、現在では頭皮にミノキシジルを注射するというびっくりするような治療法があります。

では、ミノキシジル注射とはどのようなものでしょうか?
ここでは、ミノキシジル注射について詳しくご紹介しましょう。
薄毛で悩んでいる場合は、ぜひ参考にしましょう。

ミノキシジルというのは、もともと血圧降下剤として、血圧が高い人が血圧を下げるために飲んでいたものです。
身体で発毛したり、毛が増えたりする現象が高血圧の治療をしていた人に見られたため、AGA治療としてミノキシジルが使われるようになりました。

ミノキシジルを使った治療法には、注射するもの以外に内服薬や外用薬があります。国から認められているのは、この中の外用薬のみです。

塗る薬に対して、注射したり服用したりする薬は、身体の中にミノキシジルの成分を摂ることになるため、十分に治療する前に理解しておくことが必要です。

ミノキシジル注射は、あなたが気になっている頭皮の箇所に直接注射するものです。これまでとは、この直接注射するということが違っています。

直接注射と聞き、痛みに対する不安を抱かれる方も多いと思います。
麻酔薬を入れてミノキシジルを注射するクリニックや、頭部を冷やしてから注射を行うクリニックもありますので、心配な方は事前に相談をするのがよいでしょう。

薄毛を注射によって治療する方法としてはいくつかあります。

HARG療法は、頭部にHARGカクテルというものを注入するもので、幹細胞から抽出された成長因子であるHARGパウダーとビタミンなどが混合されたものを注入するものです。

注入することによって、眠った状態であった毛母細胞が、発毛成長因子で蘇ることによって発毛の効果が期待できます。

育毛メソセラピーというのは、頭皮にミノキシジル以外に成長因子のヒアルロン酸やビタミンなどを注射するものです。
最近は、注射針を使用しないノーニードル育毛メソセラピーなどの痛みがない施術を採用しているクリニックも多くなってきています。

また、薄毛で悩む女性向けの注射治療もあります。
ミノキシジルによる治療と併せて、プラセンタを頭皮に注射するという治療で、女性ホルモンのホルモンバランスを整え、発毛促進に効果的です。さらに美肌・美容効果も見込めるのでおすすめの治療法です。

ミノキシジル注射の効果

ミノキシジル注射は、薄毛の治療法の中においてミノキシジルを使用して直接注射で注入する新しいものです。
では、ミノキシジル注射はどのような効果が期待できるのでしょうか?

実際には、この方法がAGAの治療において効果が最も期待できるといわれています。AGAの治療に効果が期待できる順番としては、注射するタイプ、内服薬、外用薬になります。

このように、ミノキシジル注射は、身体の内側から内服薬で効果を期待したり、身体の外側から外用薬で浸透する効果を期待したりするよりも、頭皮に直接注入するため即効性があります。

ミノキシジル注射の場合は、直接希望する箇所に作用することができます。

しかし、治療を止めると元の状態に髪の毛は戻るため、長期に渡って治療を行う必要があることも把握しておきましょう。

ミノキシジル注射を受けられる場所や費用

では、ミノキシジル注射はどこで受けられるのでしょうか?

まず、把握しておく必要があるのは、国でミノキシジルの外用薬は認められていますが、内服薬や注射による処方は認められていないことです。
そのため、治療を受けるためには、医師に処方してもらうしかありません。

しかし、ミノキシジル注射は、病院の皮膚科などで受けるのは困難であり、美容外科クリニックやAGAクリニックで受ける必要があります。

治療する内容によっても違ってきますが、ミノキシジル注射の費用としては1カ月当たり8万円程度かかると考えておきましょう。

ミノキシジル注射の注意点

ミノキシジル注射というと、やはり副作用が心配でしょう。

ミノキシジルの内服薬は、副作用が心配であるためなかなか服用しない人も多くいるのではないでしょうか。
しかし、塗り薬の場合は、効果が現れるまで時間がかかるそうです。

体調不良や初期の脱毛など副作用のリスクが大きい順番としては、実際には内服薬、注射するタイプ、外用薬になります。

内服薬の場合は薬が身体全体に効きますが、注射の場合は薬が局所的に働きます。

また、治療費が高くなることが、ミノキシジル注射のデメリットとして挙げられます。

ミノキシジル注射をおすすめできる人の特徴

ミノキシジル注射は、まだ毛根が残っている人が受けると、円形脱毛症もAGAの薄毛も回復することが期待できます。

20代が、AGAの治療をミノキシジルの注射によって受けている場合が多いそうです。

若ハゲに悩んでいる場合は、ミノキシジル注射を他の人にAGAがわからないうちに受けると、治療費も時間も少なくなり、早く始めるほど早く回復するそうです。

また、発毛薬などAGA商品の価格は決して安くないため、いろいろ試す費用も考慮すると、ミノキシジル注射はトータル的に費用が低減できるかもしれません。

自分に合った薄毛対策をしましょう

最後にこれまでの内容のおさらいをしましょう。

薄毛治療の注射ではミノキシジルを気になる頭皮の箇所に直接注入する。

ミノキシジル注射は最も効果が期待できる治療方法である。

ミノキシジル注射は美容外科クリニックやAGAクリニックで受診でき、費用は1カ月当たり8万円程度である。

副作用のリスクは少ないが、治療費が高いのがデメリットである。

ミノキシジル注射の治療方法はまだ毛根が残っている人におすすめできる。

ミノキシジルの注射は費用がやや高めですが、その分、短期間でかなり高い発毛効果が得られます。
効果や副作用、費用などを見て、自分に合った方法なのかをしっかり考えたうえで、注射の治療方法を試してみてください。

無料でカウンセリングを行っている専門クリニックも全国各地に沢山ありますので、まずは一度無料カウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

専門クリニックに相談する

TOP