ヘアカフェ

【必見】若ハゲを対策する方法3つ!今すぐできる薄毛対策を徹底解説

薄毛を心配する男性

「将来若ハゲになったらどうしよう…」
「薄毛にならないための方法を知りたい」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

10代~20代という若い年齢で薄毛に悩んでいる人は年々増えています。自分もハゲてしまったらどうしよう…と不安に思う方も多いと思いますが、若ハゲは対策することで症状を未然に防げる可能性があるのです。

この記事では、今すぐできる若ハゲの対策方法を紹介していきます。

そもそも若ハゲの原因ってなに?

この記事にあるように若ハゲになる原因は大きく5つあるとされています。

・ヘアサイクルの乱れ
・遺伝
・頭皮環境の乱れ
・生活習慣の乱れ
・ストレス

ヘアサイクルの乱れや遺伝といった原因は、なかなか自分では対策することができません。

しかし、頭皮環境の乱れや生活習慣の乱れ、ストレスが原因であれば、身近な方法で対策することができるのです。

【薄毛は改善できる!】今すぐできる若ハゲ対策3つ

若ハゲはきちんと対策することで、進行を抑えることができます。ここでは少し心がけることで変わることや、今すぐできる効果的な対策を3つ紹介したいと思います。

〇対策1:生活習慣の改善

生活習慣を正すことで若ハゲを防止したり、進行を遅らせることができます。今回は特に注意してほしい生活習慣の改善策2つを紹介します。

1.適度な運動

運動をする男女
まず、適度に運動をすることが大切です。その理由は、運動をすることによって汗をかき、ジヒドロテストステロンという、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制することにつながるからです。

「仕事で疲れてしまって運動なんかできない…」という方は、自宅で簡単にできるストレッチや筋肉トレーニングなどでも効果はあるため、なるべく毎日体を動かすよう心がけましょう。

また、運動をすることによって、ストレス発散にもなります。

2.良質な睡眠

薄毛は睡眠時間と密接な関係があるといわれています。そのため、成長ホルモンが分泌される睡眠を見直す必要があります。

短い睡眠、質の悪い睡眠では成長ホルモンが減少し、髪や頭皮の修復が行われなくなってしまいます。

また、睡眠が不足すると交感神経・副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れてしまうため、血流の悪化だけでなく仕事などのやる気の低下などにつながり、薄毛の原因となるだけでなく日々の生活にも影響を与えてしまいます。

夜10時~深夜2時にかけて毛母細胞が活動するといわれているので、その時間にはベットに入っている状態が理想です。睡眠時間は、7時間を目安にすると良いでしょう。

〇対策2:食生活の改善

バランスの良い食事
朝昼晩と私たちは何気なく食事をとっていますが、その食事にも若ハゲを対策するためのポイントがあるのです。

ここでは、薄毛に効果のある栄養素や食べ物を紹介します。これを読んだ今日からぜひ実践してみてください。

【頭皮環境を整える:ビタミンA・B】

頭皮環境を整え、髪の毛を成長させる働きを持つ栄養素として、ビタミンAやビタミンCがあげられます。

ビタミンの働きとして、皮膚の代謝を促進し、細胞分裂のサイクルを整える働きがあります。

そのため、これらの栄養素が不足してしまうと髪や頭皮の健康が保てなくなってしまいます。以下のような食べ物にビタミンA、ビタミンCが多く含まれます。

ビタミンA:ウナギ、鶏レバー、にんじん
ビタミンB:豚肉、まぐろ、シジミ、さば

【髪の毛や頭皮をつくるもと:亜鉛・タンパク質】

髪の毛や頭皮をつくるもととなる栄養としてあげられるのが、亜鉛とタンパク質です。

そのためこれらの栄養素が減ってしまうと髪の毛は細くなり抜けやすくなってしまいます。

以下のような食べ物に亜鉛やタンパク質が多く含まれます。

亜鉛:生牡蠣、レバー
タンパク質:牛肉、鮭、卵、大豆、白米

【体全体の調子を整える:ビタミンE・C】

体全体の調子を整える栄養としてあげられるのが、ビタミンEとビタミンCです。

また、この二つの栄養素は一緒とると相乗効果が生まれるといわれています。体全体の調子がよくなることによって、髪の毛にも自然と栄養が行き渡り、薄毛予防につながります。

以下のような食べ物にビタミンE、ビタミンCが多く含まれます。

ビタミンE:いくら、鮭、かぼちゃ
ビタミンC:赤ピーマン、パセリ、レモン

【皮脂過剰を防ぐ:大豆イソフラボン】

AGAを引き起こす原因とも考えられている、皮脂過剰分泌を引き起こす5aリダクターゼ。

薄毛にとって大敵な5aリダクターゼを抑制する働きが大豆イソフラボンには含まれているといわれています。

またイソフラボンを摂取することで、髪を太く、しっかりと成長させることに繋がります。

大豆イソフラボンが含まれるのは、納豆や豆腐、豆乳といった大豆製品一般です。

【これはNG!若ハゲに大敵な食べ物】

大豆イソフラボンが含まれる食材
先ほど、薄毛に効果のある食べ物を紹介しましたが、ここでは逆に薄毛に大敵な食べ物を紹介します。

・ラーメン
・ポテトチップス
・ジャンクフード(ハンバーガーやポテト)
・甘いもの(ケーキやドーナツなど)

脂っこい食べ物やポテトチップスといったスナック菓子をついつい食べてしまっていませんか?

これらの食べ物には油が多く含まれており、皮脂が多く分泌され、毛穴がつまる原因となってしまうので注意が必要です。

しかし、自分の大好きな食べ物が食べられないとなるとストレスがたまり、逆に悪影響を与えてしまうので、頻度や量を見直すなど工夫してみましょう。

〇対策3:頭皮環境の改善

薄毛を改善するためには、頭皮環境を改善することが大前提です。

シャンプーをするとき髪をお湯で軽く濡らしてすぐにシャンプーでごしごしと洗ってしまっていませんか?それは頭皮を痛めてしまう原因になってしまいます。

今回は、頭皮にやさしいシャンプーの選び方から、意外と知られていない正しい髪の毛の洗い方、ドライヤーの乾かし方まで紹介していきます。

【頭皮に優しいシャンプーの選び方】

シャンプーの選び方ポイント
シャンプーの仕方を説明するの前に、まずはシャンプーの選び方から説明いたします。

まずは頭皮を傷つけないためにシャンプーに含まれている成分が頭皮に優しいものかどうかを見ましょう。頭皮も皮膚の一部です。人によっては敏感な皮膚もあるように頭皮の強さも人それぞれなのです。

シャンプーで注目すべき成分は「アミノ酸系」と「弱酸性」の2点です

1.アミノ酸系のシャンプー
アミノ酸系シャンプーは、髪の毛に必要なたんぱく質を作るので髪の毛に刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーです

私たちの体の材料はたんぱく質です。そのたんぱく質は、アミノ酸からできています。髪の毛も同じく、ケラチンというたんぱく質からできています。ケラチンは、18種類のたんぱく質からできています。

そのため、髪の毛と同じ成分をもつアミノ酸系のシャンプーが髪の毛にやさしいのです。

2.弱酸性のシャンプー
人間の体は、部位によって酸性度は違います。その中でも、人間の肌や頭皮は弱酸性です。

そのため、弱酸性のシャンプーを使うことで低刺激で髪の毛を洗うことができるのです。刺激が低いことで、頭皮に余計な刺激を与えずに毛根に栄養を届きやすい環境を作ることができるのです。

これら2つの要素を満たしててるシャンプーは、チャップアップシャンプー・ウーマシャンプープレミアム・スカルプシャンプー・アスロングシャンプー・マイナチュレシャンプーなどです。参考にしてみてください。

しかし、育毛シャンプーの多くは金額が高めのものが多いです。シャンプーはほぼ毎日行うものですから、長期的にご自身で負担できる価格帯のシャンプーを選ぶようにしましょう。

【意外と知らない?正しい髪の洗い方のポイント】

髪の毛のシャンプーを選んだあとは、洗う時の注意点です。

よくある洗い方として注意すべきなのは「ゴシゴシ洗い」です。爪を立てたり勢いよく洗うのではなく、頭皮全体を揉みほぐすように時間をかけて洗いましょう。今回は、意外と知られていない正しい髪の毛の洗い方を紹介していきます。

〇ポイント1:髪を洗う前にブラッシングをする
「髪を洗う前にブラッシングをするの!?」と驚いた方もいると思いますが、ブラッシングはとても重要なのです。

髪や頭皮の環境を整えるためには、しっかりと汚れを落とすことが必要です。ブラッシングを丁寧に行うことで、ふけやほこりをあらかじめ頭皮を傷めずに落とすことができます。

また、ブラッシングをするときは、根本からではなく毛先からゆっくりと行うようにしましょう。

〇ポイント2:お湯でしっかり洗い流す
髪の汚れのなんと9割はお湯で落とすことができるといわれています。

目安は約3分間、シャンプーで洗う前にシャワーでしっかり髪を流しましょう。

また、シャンプーをするときも泡で髪を撫でる程度で構いません。ついシャンプーを使って髪の毛をごしごしとこすり合わせてしまいがちですが、これは髪が痛んでしまう原因になります。

〇ポイント3:頭皮をしっかり洗う
4本の指をしっかり使って、下から上にジグザグに動かすように洗いましょう。

その時、爪を立てず、指の腹を使って洗うことを意識してください。

洗いづらい後頭部は、下から上に向かって円を描くように洗うよう意識してみてください。

〇ポイント4:洗い残しは厳禁
シャンプーの洗い残しは、頭皮の炎症を起こし、薄毛のリスクを高めることにつながります。

見落としがちな生え際や耳周りに意識して洗い流すようにしてください。

髪の毛の乾かし方で注意すべきポイント3つ

髪の毛を乾かす時も少しポイントがあります。以下のポイントを意識してみましょう。

  • ドライヤーで髪を乾かす前にできるだけタオルで水分を取り除くこと
  • ドライヤーを長時間当て続けないこと
  • ドライヤーを同じ箇所に近距離で当てないこと

まずはドライヤーで髪を乾かす前にできるだけタオルで水分を取り除いておきましょう。水分をあらかじめ取り除いておくことでドライヤーの時間を少なくすることができます。

ドライヤーを長時間当て続けると頭皮の乾燥が過剰に進んでしまいます。頭皮の乾燥を招くのは他にもあり、ドライヤーの温度が高温すぎても頭皮の乾燥を招きます。さらに同じ箇所へすぐ近くからドライヤーを当てることも頭皮の乾燥を招きます。

完全に髪の毛が乾くまでドライヤーを当てると頭皮の乾燥が強くなりがちなので全体がある程度乾いたら冷たい風を当てるか自然乾燥で乾かすようにしましょう。

クリニックに相談することが若ハゲ解消への近道

ここまでは自分でできる若ハゲの対策方法を紹介してきました。

しかし、初めに書いたように若ハゲの原因がヘアサイクルの乱れや遺伝といった場合、自分ではなかなか対策することは難しいのです。

若ハゲを対策する一番の方法は、ズバリ病院に行って治療を受けることです。皮膚科でも治療を受けることができますが、現在はAGA専門のクリニックが増えてきており、効果が大いに期待できる最新の治療を受けることができます。

薄毛の治療は早く始めれば始めるほど効果が期待されやすいので、悩んでいる方はぜひ一度クリニックに足を運んでみてください。

「どのクリニックを選んだらよいかわからない…」
「できるだけ安い値段で治療したい」

といった方におすすめしたいクリニックは、AGA JAPAN CLINICです。

【おすすめポイント】
・無料でカウンセリングが受けられる
・自分に合った治療法をカスタマイズしてくれる
・最新の治療を受けることができる
・予算内で治療を提案してくれる

AGA JAPAN CLINICでは、無料でカウンセリングを受けることができるので、自分の薄毛の原因を知りたい方はぜひ利用してみてください。
薄毛の無料カウンセリングはこちら

【まとめ】若ハゲは対策することができる

  • 若ハゲは早めに対策することで進行を抑えることが期待できる
  • 若ハゲの進行を抑える方法は3つある
  • ー生活習慣の改善(運動・睡眠)
    ー食生活の改善(ジャンクフードやスナック菓子はNG)
    ー頭皮環境の改善(髪の毛の洗い方を見直すことが大切)

  • クリニックに行くことが若ハゲの進行を抑制する近道になる

今回紹介した改善方法はどれも自分でできる身近な方法なのでぜひ試してみてください。

若ハゲの対策は早めに始めることが何より大切です。今からしっかり対策し、若ハゲの進行を抑えましょう。

TOP