ヘアカフェ

若ハゲ対策のよくある間違いと90%の人が育毛を実感した治療法

若ハゲ対策

「最近髪の毛が薄くなってきた気がする…」
「友人に髪の毛が薄くなったと言われた…若ハゲを止める方法はないかな…。」

日本人の4人に1人が悩む若ハゲ。従来は頭皮マッサージや育毛剤を使う対策が取られていましたが、それらの対策は全く効果がありません。

しかし、最近若ハゲの人の99%が効果を実感した治療薬が日本皮膚科学会が2010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインで発表されました。

この記事では、若ハゲの間違った対策と99%の人が効果を実感した治療薬について詳しく解説していきます。

若ハゲの悩みは専門家に相談しましょう

若いうちから対策をすると治る確率が高くなるという若ハゲは、10代でもクリニックに相談をする人は多いです。

お客様の体質にあった育毛プランを提供し、約90%の人が効果を実感しています。

初診のカウンセリングは無料なので、まずは無料相談することをおすすめします。

クリニックに相談する

若ハゲになる5つの原因

若ハゲには男性ホルモンや頭皮環境など様々な原因が存在すると言われていますが、主な原因は生活環境の変化によるストレスと乱れた生活習慣です。

治療法を解説する前に、若ハゲに影響のある5つの原因について解説をしていきます。

若ハゲになる5つの原因
  1. ストレス
  2. 運動不足
  3. タバコ
  4. 睡眠不足
  5. 乱れた食生活

【若ハゲの原因1】ストレス

髪の毛が成長するためには、育毛に必要な栄養素と酸素を血液から十分に吸収しなければなりません。しかし、ストレスがかかると、自立神経の乱れにより交感神経が緊張し、血管が収縮し十分に頭皮に血液がいきわたらない状態になります。

【若ハゲの原因2】運動不足

ストレスの項目でも記載しましたが、髪の毛に十分な栄養をいきわたらせているのは、体内の血液です。人間は運動することで新陳代謝が盛んになり、血行が促進されます。
しかし、運動不足では血行が悪くなり、頭皮に栄養が十分にいきわたらない状態になってしまいます。

【若ハゲの原因3】タバコの吸いすぎ

喫煙は血管の収縮を促進する働きをします。ストレスや運動不足の時と同じく、血行が悪くなり、頭皮に十分な血液がいきわたらなくなります。

【若ハゲの原因4】乱れた食生活

脂肪分や動物性たんぱく質の多い欧米型の食生活は頭皮から皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせる原因になります。

また、乱れた食生活で肥満になると、血流が悪くなり頭皮に十分な栄養素がいきわたらない原因となります。

【若ハゲの原因5】睡眠不足

髪の毛は日中、紫外線やほこり、湿度など環境の変化でダメージを受けています。

それらの日中のダメージを回復するのが睡眠の時間なのですが、睡眠の時間が不足していると、髪の毛よりも生命に重要な影響を及ぼす臓器のために疲労回復の栄養が送られます。

そのため、睡眠不足が続くと髪の毛の毛根や毛母細胞のダメージが回復しない状態が続くことになります。

効果のない治療法3つ

ハゲの悩みは古くからあり、様々な方法が試されてきました。今では多くの人が効果を実感する対処法が 医学的に証明されましたが、未だに育毛サプリや育毛グッズなど安価な効果のない治療法が広がっています。

以下では医学的根拠のない若ハゲの対策について解説していきます。

効果のない若ハゲ対策

  • 薬用育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 頭皮マッサージ

薬用育毛剤

ドラッグストアなどに行くと、薬用の育毛剤が店頭に並んでいますが、これらは全く効果がありません。
そもそも薬用とは、医薬品よりも効果が緩やかなものと厚生労働省が定めた医薬部外品のなかでも、更に育毛有効成分が少ないものを指します。そのため、使用しても薄毛症状を止めるぐらいの育毛効果をを得ることはできません。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは医薬部外品に指定されたシャンプーで、通常のものよりもふけやかゆみを防ぐ効果がありますが、育毛の効果を保証しているわけではありません。

頭皮マッサージ

ヘアケアとして頭皮マッサージすると頭皮の血行が良くなるのは事実です。しかし、マッサージで頭皮状態が良くなるのは一瞬だけのため、抜け毛の進行を止められる可能性は低いです。血行は生活習慣の改善など、根本的な対処が必要です。

若ハゲの対策3つ

では次に、若ハゲの原因を解決する、わかりやすい若ハゲ対策を見ていきましょう。

若ハゲの対策3つ
  1. 生活習慣を改善する
  2. 植毛やカツラを利用する
  3. 医学的根拠のある発毛剤を使う

【若ハゲ対策1】生活習慣の改善

生活習慣を改善することで血行が良くなり、必要な栄養素が頭皮にいきわたり、髪の毛の成長を促進します。生活習慣を改善する方法は具体的に以下のものがあります。
若ハゲを改善するためには髪の毛を成長させる必要があります。そのためには、育毛に効果的な栄養素を摂取することが重要です。

  • 手軽な運動を行う
  • 適切な睡眠をとる
  • 規則正しい食生活を心がける
  • 煙草を控える
  • 過度な飲酒を控える

【若ハゲ対策2】自毛植毛を利用する

自毛植毛とは、健康な髪の生えている後頭部や側頭部などから皮膚と一緒に毛根ごと毛髪を移植する薄毛対策です。
一年で植え付けた毛が抜け落ちてしまうのと異なり、植毛した95%が生着し、生え続けることが確認されています。
手術は麻酔をかけて行われますので、術後痛みを伴うこともありますが、生着後は特別なメンテンナンスは必要ありません。
しかし、自由診療となり保険が効かないため、ある程度高額にならざるを得ません。

【若ハゲ対策3】日本皮膚学会が推薦する治療薬を使う

日本皮膚学会が2010年4月に発表した「男性型脱毛症の診療ガイドライン」に若ハゲの治療法の有効性を5段階で分けた情報が記載されています。上記で記載した自毛植毛のガイドラインのランクはBで「行うよう勧められている」ものになります。
このガイドライン上で「行うよう強く勧められている」治療方法が2つあり、それが「フィナステリド内服」と「ミノキシジル外用」です。この治療を行った90%が育毛を確認することができたという臨床実験のデータが出ています。
これら二つの服用はクリニックの指導の下行うことをおすすめします。

【まとめ】若ハゲの対策は何をすれば良い?

いかがでしたでしょうか?若ハゲ対策で知っておくべきことは次の通りです。

  • ハゲには男性ホルモンや頭皮環境など様々な原因が存在する
  • 効果が期待できない治療法は『薬用育毛剤』『育毛シャンプー』『頭皮マッサージ』の3つ
  • 若ハゲ改善が期待できる対策は『生活習慣を改善する』『植毛やカツラを利用する』『医学的根拠のある発毛剤を使う』

若ハゲ対策のクリニックは「GLOW CLINIC」がおすすめです。上記の2つの治療薬を使用した治療法を行っているクリニックで、無料でカウンセリングができます。まずはお気軽に予約してみてください。
クリニックに相談する

TOP