ヘアカフェ

  • 薄毛の安い治療法ってあるの?なるべく安く済ませる方法3選

薄毛の安い治療法ってあるの?なるべく安く済ませる方法3選

薄毛治療の費用

「薄毛治療ってやっぱり高いのかな…?」
「治療を安く済ませる方法ってあるの?」

薄毛治療を検討する上で、治療費用は気になりますよね。

この記事では、主な治療費用の相場と、費用を安くする方法を紹介します。

また、「確実に治したい!」という場合は、まず専門クリニックに相談する方法もありますので参考にしてください。

クリニックに相談する

薄毛治療ってやっぱり高い?費用相場一覧

AGAの主な治療方法は、飲み薬・頭皮に塗る薬・植毛・注射の4つです。

薄毛治療の費用相場一覧
費用 内容
投薬治療 1ヶ月でおよそ1万円程度 治療薬を服用する
塗り薬 1ヶ月で8,000円程度 頭皮に直接塗る
植毛治療 3,000本で
約100万~160万円程
頭皮に新たな毛を埋める
頭皮注射 1回の治療で7万円 薬剤を頭皮に注入する

こちらがおおよその相場になります。決して安くはない価格だということがわかります。

相場について詳しく知りたい方はぜひ以下のページをチェックしてみてください。

薄毛治療が高いのはどうして?安くない理由

安くない理由は…保険適用外だから!

薄毛治療では基本的に健康保険が適用されません。薄毛治療というのは美容整形と同じ分類に分けられているため、厚生労働省が規定する医療保険の適応には含まれないためです。

そのため、薄毛治療はいわゆる自由診療になります。自由診療は診療費用すべてを自費で負担するので、各クリニックによっても治療費用が異なってきます。ですから、治療費の安いクリニックもあれば高いクリニックも出てきます。

しかし例外的に、保険が適応される場合があります。その場合というのは皮膚の疾患が認められる場合です。これは薄毛の治療という区分ではなく、自己免疫疾患によるもの、皮膚の炎症によるものだとされるためです。

ただし基本的には保険は適用されないので、その点は念頭におく必要があります。

どうしたら安くなる?薄毛治療費を安くする方法3選

上記で紹介したように、AGAの治療法はたくさんありますが、どれも治療費が高いですよね。

この治療費を抑える方法が、実はあります。それは、

  1. ジェネリック医薬品を使う。
  2. 通販サイトを利用する。
  3. 医療費控除制度を利用する。

です。順番にご紹介していきます。

(1)ジェネリック医薬品を使う

1つ目はジェネリック医薬品を使うことです。ジェネリック医薬品って名前だけは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品とは、いわゆる後発薬というもので、新薬(先発薬)の特許が切れたときに、その新薬とまったく同じ成分で作られた薬ということです。

すでに安全性が証明されている新薬を基にして作られているので、ジェネリック医薬品の安全性も保証されています。

また、開発費もすでに開発されたものを利用している、かつ特許が切れているので特許使用料がかからない分、新薬に比べて安価に患者さんの手元へ届くようになっています。

先ほど紹介した治療法もジェネリック医薬品に変更すれば、治療費を安く抑えることが可能です。

ジェネリック医薬品を使用することで、飲み薬であるプロペシアでは月2,000円程度安く抑えることができます。

植毛法や発毛療法ではジェネリック医薬品という概念はないので安くなりませんが、飲み薬と塗り薬に関しては大幅に費用が安くなります。

(2)通販サイトを利用する

2つ目は、通販サイトを利用することです。

通販サイトで育毛・増毛効果のある医薬品情報を調べて薬を買うことができるので、医師の処方がない分薬代だけで済み、費用を安価に抑えることができます。

(3)医療費控除制度を利用する

通販サイトも使用せず、医療機関でジェネリック医薬品ではない薬を処方されていても、医療負担が抑えられるケースもあります。

それは医療費控除制度を利用することです。年間で10万円以上の医療費を支払った場合、納めた税金から一部が還付される制度です。

ただし、控除の対象になるのは精神的ストレスや他の病気の副作用等でAGAの症状が出ていると判断されたときのみに限られるので、自分が適応するかどうかを税務署に聞いてみることをおすすめします。

安くしても薄毛は治療できる?考えられるデメリット

  1. 副作用には要注意!
  2. 薄毛治療は長期戦
  3. 確実に治療効果が得られるわけではない

です。順番にご紹介していきます。

(1)副作用には要注意!

プロぺシア

費用効果
費用 副作用
100錠で6,140円~8,120円 頭痛、腹痛、下痢、肝機能障害

先ほど紹介したプロぺシアには、頭痛、腹痛、下痢などの副作用があります。
また勃起不全や射精障害といった男性機能の低下も引き起こされる可能性があります。

しかしここで特に注意したいものが肝機能障害です。この肝機能障害の怖いところは、自分では気づかないということです。放っておくと肝機能不全に陥るリスクもあります。

血液検査を受けることで発見できるケースがほとんどなので、血液検査を受けることをおすすめします。

ミノキシジル

費用効果
費用 副作用
100錠で21,600円 肌荒れ、痒み、湿疹、

ミノキシジルの副作用で大きく占めるものが皮膚疾患による症状です。
具体的には、肌荒れや痒み、湿疹などがあります。

その他にもめまいや感覚麻痺、そして狭心症や動悸というような循環器系にも症状が出る可能性があります。

これらの副作用は10人に1人の確率で起こることが報告されています。これはプロぺシアと比べて1.5倍近い確率です。

これらの副作用は必ず起きるというものではありません。しかし薬で治療をする以上、何らかの症状が出る可能性があるのも確かです。

副作用が起こる可能性を考え、自分の体質に合った治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

(2)薄毛治療は長期戦

薄毛治療は始めてすぐに効果が出るというものではありません。

一般的に専門クリニックの治療では3カ月から6カ月という期間が効果の出る目安となっています。年齢や体質、薄毛の進行レベルによって、効果を実感する期間も異なってきます。
そのため、たとえ効果が無いと感じたとしても、諦めず1年間は治療を継続することが大事になってきます。

(3)確実に効果が得られわけではない

患者さん自身が通販サイトや市販の薬局で購入することは、医師の処方がないので安く済みます。

しかし、ここで念頭に入れておく必要があるのが、治療効果が得られる保証がないということです。薄毛や抜け毛といった問題一つとってみても患者さん一人一人で症状や悩みは異なります。

AGAの治療にかかせない有効成分が入っている薬は万人に使用できるようになっていますが、中には薬の効果が十分に得られない人も出てきます。クリニックで自由診療として治療をしている人で治療効果が得られなかった場合は、治療費の返金や新しく処置をするなど保証制度が整っていることが多いです。

費用を安く抑えるというのは、その反面、治療効果が得られないことがあるということも理解しておきましょう。

また効果があるかどうかは治療法によって異なり、個人による差も関係してきます。

実際にクリニックに行って診断を受け、自分の薄毛の進行レベルを確認することで、より確実に治すことができます。

【まとめ】薄毛治療をどうしても安くしたい場合は注意が必要

これまで薄毛治療の治療手段や費用を抑える方法について紹介してきました。最後に振り返ってみましょう。

  • 薄毛治療が高いのは健康保険が適用されないため
  • 薄毛治療の方法は、飲み薬・頭皮に塗る薬・植毛法・注射の4つがある。
  • 薄毛治療を安く抑える方法は、ジェネリック医薬品の使用・通販サイトの利用による処方代の節約・医療費控除制度の利用の3つである。
  • 安く抑えた場合、患者に適した治療が確実にできると言えないため、治療効果が得られる保証がない。

この記事を参考にして、薄毛治療を安く済ませるか、費用のかかるクリニックに通うかを自身で判断してみてください。

何より自分に合った治療方法を選ぶことが薄毛治療の最適な解決策です。医師に相談する前にも色々と調べてみてはいかがでしょうか。クリニックに相談する

TOP