ヘアカフェ

若ハゲで髪型を坊主にするのはNG?薄毛でも女性からモテる髪型5選

若ハゲを坊主にする

「坊主にしたらハゲを隠すことができるのか」
「ハゲに似合う髪型なんてない…」

このように若ハゲに悩んでいる人たちの多くは、自分にあった髪型が何かわからないようです。一概に若ハゲといっても、薄毛の部分は人それぞれで、似合う髪型も十人十色です。

今回は、若ハゲで悩んでいる人が似合う髪型について画像も交えて紹介します。
若ハゲを改善したい人はこちら

そもそも若ハゲの人が坊主にするのはNG!

若ハゲの人は、髪の毛が細く薄くなっていき抜けやすくなっているので頭皮が見えやすい状態になっています。

よくある質問掲示板サイトでも「大学生になってから薄毛が気になり、友人にすすめられ坊主にした結果、同級生から引かれてしまった」というような相談が載っています。

女性の多くも、坊主は嫌という印象が強いようです

一体なぜ、「坊主はモテない」と定着してしまったのでしょうか。この答えに関しては個人の価値観や感受性があるので何ともいえないですが、一般論でいうと、流行っている髪型は多かれ少なかれ髪の毛が生えています。

坊主の人で売れている俳優や著名人は少なく、坊主の人の数が少ないというのもあまり受け入れられないポイントなのではないでしょうか。

人によって顔の形や大きさ、さらにファッションスタイルも考慮したうえで自分に合った髪型があるはずです。ですから、人によって坊主にするメリット・デメリットが異なります。若ハゲで悩んでいる人にも、若ハゲを自然に見せる髪型があるはずです。

自分でどの髪型が似合うのかを見つけるようにしましょう。

薄毛が気になるなら

「自分って薄毛なのかな?」

「薄毛を隠す方法ってあるの?」

自分は薄毛でハゲと思われているのではないかと不安になることはよくあります。そのように不安になっている方は多く、クリニックで薄毛について相談する人は多いです

毎日不安を抱えながら生活するのではなく、一度気軽に相談してみてはいかがしょうか?メールで、しかも無料で相談できます。

また、以下のサイトではあなたの薄毛状態を簡単にセルフチェックできます。

クリニックに行く必要があるのか判断するために、まずはいくつかの項目に答えてあなたの重症度をチェックしてみませんか。
重症度をチェックする

若ハゲの人がするべき髪型の基本的な特徴

若ハゲで進行していくのは頭頂部や生え際です。特におでこのM字部分は髪の毛が気持ち薄くなりがちです

そういった人は基本的に短髪にすることで、頭全体のボリュームを抑えるのがよいでしょう。全体的にボリュームがあり、つむじやトップなど一部だけボリュームが少ないと不自然さが増します。

中でも側頭部の髪の毛は特に短くしておきましょう。サイドをすっきりとさせておくことで頭頂部の薄さをカバーすることができます。

若ハゲの人は坊主にしてしまうと物足りなく、髪の毛の薄さが際立つことになりますが、短髪・ベリーショートだとさっぱりとした印象を与えることができます。

若ハゲの時にしてはいけない髪型2つの注意ポイント

サイドを伸ばし過ぎてしまう

若ハゲに悩む多くの方は、トップの部分の薄毛に悩まれているかと思います。

そんな中、サイド部分だけ髪の量を増やしてしまうと、よりトップの薄毛が顕著になります。サイド部分はあえてすっきりさせることで、トップのボリュームを際立たせ、若ハゲを目立たなくさせる効果が期待できます。

サイドをすっきりとさせる髪型も「清潔感があって爽やか」と女性の方には大変好評です。

無理に髪を伸ばしてハゲを隠そうとする

薄毛・若ハゲに悩む人の多くは、髪を伸ばしたり、カツラを被ったりして無理にハゲの部分を隠そうとする傾向があるようです。しかし、これは大きな間違いです。

風や時間の経過で崩れてしまった時などに、より一層髪が薄いことが目立ってしまいます。無理して隠そうとするのではなく、短髪にすることで、全体のバランスが良くなり、自然な髪型になります。

また短いとスタイリングやお手入れが簡単にでき、なおかつ目立ちにくくすることが期待できます。ひと昔前の時代の日本では、男性でも長い髪がイケメンの代名詞でしたが、今日では人それぞれに似合う髪型があるという理解が浸透しています。
若ハゲを隠すのが困難な人はこちら

【画像付き】若ハゲの人が似合う髪型5つを紹介

ここからは若ハゲの人でも似合う髪型を紹介していきます。自身のタイプに合った髪型を選びましょう。下記の記事ではさらに他の髪型や、女性の髪型も紹介しているので読んでおきましょう。【記事】「【画像】若ハゲでも似合う髪型とは?男女別おすすめヘアスタイル一覧」

ソフトモヒカン

昔の言い方をすればベッカムヘアです。頭頂部のボリュームに合わせて両サイドを短くすることで、頭頂部のボリュームの薄さや髪の毛の細さをごまかすことができます。前髪の薄さやM字ハゲを隠すこともできます。

髪の毛を切った後に問題となるのはヘアセットです。美容室でカットをした後は自分でヘアセットをしなければいけないですが、そのヘアセットが簡単なのもソフトモヒカンのポイントです。

薄毛が進行している人もソフトモヒカンであれば隠すことができます。

「さわやかでどんな人にも似合う」との声もあります。

ツーブロックショート

ソフトモヒカンのサイドをバリカンで刈り上げている状態です。サイドを徹底的にすっきりと刈り上げるので縦長のシルエットに仕上がります。

頭頂部が薄くなっている人は横長のシルエットになりがちですが、それを縦長に見せることですっきりとした髪型でシャープな印象を与えることができます。

ツーブロックショートでは私服はもちろんスーツにも似合うので、社会人におすすめの髪型です。

「今風で仕事もできる印象を受ける」と女性に人気です。

おしゃれな坊主

坊主のように全体的に刈り上げますが、頭頂部を中心に少量髪の毛を残す坊主です。襟足や耳周りをスッキリ刈り上げることができるので清潔さが増します。

ヘアセットをするにも時間がかからず、シャンプー後のヘアケアもしやすいです。

「坊主でもおしゃれに気を遣っている坊主であれば嫌悪感を抱かないです」と女性にも認められる髪型です。

オールバック

頭頂部が薄くなっている人にとってベストな髪型です。生え際から薄毛・抜け毛が始まっている場合はおすすめできませんし、おでこが広い人も気になってしまうかもしれませんが、前髪を後ろへ流すことで頭頂部を隠すことができます。

あまりに前髪を強引に後ろへ流すと不自然さが出てしまいますので、バランスを考えて自然に流すようにしましょう。

オールバックとツーブロックショートを合わせてみても、さっぱりしてよいです。「頭頂部が薄い人でもオールバックにしたら隠せていた」と女性からも好評です。

ショートレイヤー

ショートレイヤーは髪の毛の長さを段階的につけていき、生え際をカバーする髪型です。毛量が必要になるので髪の毛が細い人は美容師さんに相談が必要です。

「大人の落ち着きがあって、今風でフォーマルな現場でもカジュアルな現場でも浮かない髪型」と女性からの票を集めています。

これら紹介した髪型に共通するのはすべて清潔感のあるショートヘアだということです。やはり無理に長髪にしてハゲを隠そうとすることやサイドを伸ばしすぎるのは髪型が不自然になるのでハゲが目立ってくるのです。

ハゲに対して抵抗することがダメなのではなく、不自然な髪型を直すという意識を持ちましょう。

若ハゲの人はすぐ坊主にせず美容師に相談を!

美容師は髪の毛や頭皮の専門家です。毎日たくさんのお客さんに接する中で薄毛の人も美容院に多く訪れているはずです。その美容師に自分の悩みやこうして欲しいという希望を伝えてカットしてもらうようにしましょう。

そのために同じ美容師のところへ通い、自分のヘアスタイルや髪質について十分理解してもらいましょう。あなたにあった髪型を提案してくれるような美容師さんに出会えるとよいですね。

ヘアカタログを見てそれを再現できる美容師は腕がよいといわれています。さらにお客さんの悩みを解決できるような髪型を提案できて、その人の悩みに対してヘアケアの方法を教えてくれる美容師さんはもっとよいでしょう。

育毛剤での薄毛予防対策

似合う髪型が分かったところで薄毛の進行は抑えられないため、対策をしなければ髪の毛は減っていく一方です。選べる髪型を増やすためにも、しっかりと薄毛対策を行いましょう。

育毛剤は、今ある髪の毛を成長させ、抜け毛を予防するのにとても効果的です。多くの種類の育毛剤が存在していますが、薬用有効成分が含まれているものを使用しましょう。

中でもチャップアップと呼ばれる育毛剤がおすすめです。天然由来成分やアミノ酸が配合されており、年齢問わず多くの方に利用され、高い評価を得ています。

若ハゲの人がするべき髪型は?

いかがでしたか。この記事の内容を軽くおさらしてみましょう。

  • 若ハゲだからといって安直に坊主にせず自分の外見を考慮して決める
  • 若ハゲの人はサイドを含め短髪にすべき
  • 若ハゲの人が髪型を決めるときははまず美容師に相談する
  • 薄毛予防対策も同時に行うべき
  • クリニックに相談して、根本から改善するという選択肢もある

人それぞれに似合う髪型は異なります。ただ、坊主という選択肢はもちろんあります。男性女性問わず、一人で悩まずに美容師やクリニックの専門家に相談してみましょう。

また、若ハゲ・薄毛対策としてできることは髪型を変えることだけではありません。根本から治療することも考えてみてはいかがでしょうか。

若ハゲの原因を深く知り、育毛の可能性を少しでも高めたいなら専門のクリニックに相談するのがおすすめです。

若ハゲの原因についてもっと詳しく知りたいからはこちらの記事をごらんください。
→若ハゲになる原因は4つあった!10代・20代のためのはげ対策
クリニック情報を見てみる

TOP