ヘアカフェ

【必見】若ハゲの改善方法7選!薄毛になる原因別に対策する方法

若ハゲを改善

「若ハゲってそもそも改善できるの?」
「若ハゲを治したい…」

このような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

近年、スマートフォンなどの発達による生活の変化や、ストレス社会と呼ばれるだけあり、それが原因となり「若ハゲ」になる方は増えています。原因は他にもありますが、今も若ハゲで悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、若ハゲになってしまってもしっかりと原因を把握し、解消するための対策をしっかり講じることで発毛効果が期待できます。

この記事では、原因別に若ハゲの改善方法を徹底解説していきます。
若ハゲを改善する

若ハゲになってしまったときの7つ改善策

若ハゲを改善するためには、いかに早く薄毛予防を施すかが重要となります!若ハゲの改善策は多く、特別なコストをかけずともできる方法は多いです。

また、若ハゲの多くがAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)である可能性が高いのです。もちろんこれ以外の脱毛症である可能性もあります。
AGAの原因は男性ホルモンであるテストステロンが酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストロン)に変化してヘアサイクルを短縮化してしまうことです。しかし、それ以外にも食生活や睡眠などの生活習慣、ストレスや遺伝、加齢などがあります。主に頭頂部や生え際の髪の毛が少なくなってしまいます。

これからご紹介する対策はそれぞれの原因に応じたものをあげておりますが、AGAである場合には改善策は治療をおすすめします。

ですので、改善策(1)〜(7)を試してみても効果が見られない時には治療しかありませんのでご注意ください。

【改善策(1)】頭皮マッサージをする

若ハゲの原因の一つに血流が悪くなることが挙げられます。血流が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまうため、結果的に髪の毛が細くなったり、ハリやコシがなくなったりしてしまうのです。

また、もともと頭皮には筋肉があまりないため、意識的に動かさなければ血流が悪くなってしまいます。

そこで、登場するのが頭皮マッサージです。頭皮マッサージを行うことにより血流がよくなり、髪の毛に十分に栄養を届けることが可能となります。

ただし、刺激が強すぎたり、マッサージを行う時間が長すぎてしまったりすると頭皮の炎症を起こしてしまう可能性もあるので要注意、指の腹で5秒程度頭皮のツボを押し、それを3セット行いましょう。

頭皮マッサージの方法は以下の動画を参考に実践してみてください。
<出典元:頭皮のミカタ・簡単頭皮マッサージ

【改善策(2)】十分な睡眠をとる

睡眠不足の男性

睡眠が原因で起こる脱毛症

この改善策は、脱毛症の中では「神経性脱毛症」や「代謝異常性脱毛症」、AGAを発症している方に効果的な方法です。

「神経性脱毛症」は、ストレスが原因で起こる脱毛症です。髪の毛が脱毛している部位としていない部位との境界線がはっきりせずに、ジグザグな形状を取っているのが特徴です。もし当てはまる場合、神経性脱毛症でありストレスが原因であると考えられます。

「代謝異常性脱毛症」は、生活習慣の乱れが原因に起こる症状です。特徴として、抜け毛の毛根部が非常に複雑な形をしていて、歪んでいたり、ぐるぐると巻いていたり、極端に細くなっていることがあります。抜け毛がそのような状態になっている人は代謝異常性脱毛症であり、睡眠をはじめ生活習慣が原因であると考えられます。

改善方法

睡眠は髪の毛の成長に欠かせないものです。十分な睡眠をとらなければ髪の毛の成長の妨げになります。

また、睡眠が不足すると交感神経・副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れてしまうため、血流の悪化だけでなく仕事などのやる気の低下などにつながり、薄毛の原因となるだけでなく日々の生活にも影響を与えてしまいます。

そのため、極力7時間以上の睡眠をキープし、なおかつ成長ホルモンが最も分泌するといわれている「22時~2時」には就寝しておくことが重要です。理想は21時に、遅くとも23時には寝ることをおすすめします。

【改善策(3)】ストレス発散をする

ストレスに悩む男性

ストレスが原因で起こる脱毛症

ストレスが原因で起こる脱毛症は、睡眠と同じく、神経性脱毛症と代謝異常性脱毛症であることが考えられます。
3つのうちでも神経性脱毛症である可能性が高いと考えられます。
前述の特徴に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

改善方法

ストレスがたまってしまうと、睡眠が不足してしまったときと同様、体内の自律神経が乱れてしまうといわれています。

そのため、ストレスがたまるということは、髪の毛のみならず身体全体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

適度にストレスを解消するためには人に相談したり、運動したりすることが有効となります。

ただし、ストレス解消として暴飲暴食を行うのはよくありません。暴飲暴食は、ストレスは解消するかもしれませんが、食事のバランスに偏りが出てしまい、薄毛の原因となってしまうこともありますので注意しましょう。

【改善策(4)】食生活を改善する

食生活が原因で起こる脱毛症

AGA以外に食生活が原因で起こる症状としては、代謝異常性脱毛症が考えられます。
前述したように、抜け毛の毛根部が非常に複雑な形をしていて、歪んでいたり、ぐるぐると巻いていたり、極端に細くなっている場合にはこの症状である可能性が高いです。抜け毛をチェックしてみましょう。

改善方法

栄養のバランスが悪かったり、食事のタイミングが適切でなかったりすると、薄毛の原因となる場合があります。例えば、脂っこい食事ばかりを摂取するとそのまま皮脂の分泌量が増えてしまい、抜け毛が増える原因に繋がります。

特に、外食は油分やカロリーが高いことが多いので、「頻繁に外食を行う」という方は注意が必要です。

ただし、油分も適量であれば頭皮保護のために必要となるので、絶対にとってはいけないわけではありません。

大事なのは、栄養をバランスよく摂取することです。若ハゲに悩んでいる方は「ビタミン」が不足がちですので、緑黄色野菜や納豆、いわしや乳製品などを摂取するとよいでしょう。

また、ビタミンにも「ビタミンA、B群、C、E」などの種類があること、そして「亜鉛」や「たんぱく質」なども、髪の毛を成長させるために必要な栄養ということを知っておくことが重要です。

そして、食べ物を摂取する場合は消化する時間を考え、就寝する3時間前には済ませておくことをおすすめします。

【改善策(5)】髪の毛の洗い方やシャンプーを見直す

若ハゲ改善のための頭皮ケア

髪の毛の洗い方やシャンプーが原因の脱毛症

AGA以外で考えられるものとすれば、粃糠(ひこう)性脱毛症が考えられます。
粃糠性脱毛症は、シャンプーや整髪料が髪の毛に合わなかったり、すすぎが不十分だったり、整髪料の使いすぎによって起こる脱毛症です。それらの結果として、フケが多くなり毛穴の出口を塞いでしまう事により毛母細胞に栄養が行かず、髪の毛が抜けてしまうのです。

ですが、フケがただ多いだけでは粃糠性脱毛症とは言えず、フケがかさぶた状である事や頭皮が赤くなったり、かゆみ、髪の毛が細くなっている事が粃糠性脱毛症の特徴です。

髪の毛の洗い方の改善方法

意外と軽視されがちなのが髪の毛の洗い方です。髪の毛は毎日洗うものですので、意識して洗わなければ頭皮の環境が悪化してしまうことも考えられます。

大事なのはゴシゴシと力を入れて洗わないこと、そして爪ではなく指先や指の腹で洗うことです。

また、髪の毛の洗いすぎはよくないとされていますが、2回洗うのがよいとされています。
頭皮に気を使いながら、優しく洗浄しましょう。

シャンプーの見直しによる改善方法

続いてシャンプーの見直しについてです。
自分の頭皮にシャンプーが合わないと感じる方は、思い切ってシャンプーを変えてみるのもありです。

また、シャンプーにはそれぞれ種類がありますが、中でも「脱毛予防」を目的としたシャンプーがおすすめとなります。抜け毛は若ハゲの大きな元凶です。そして、脱毛予防のシャンプーは最初から「脱毛を防ぐ」という目的で開発されているため、高い効果が期待できます。

脱毛予防シャンプーでおすすめなのが、『スカルプD薬用スカルプシャンプー(医薬部外品)』です。お笑い芸人である宮迫博之さんをはじめ、多くの著名人が利用していることで有名なシャンプーです。このシャンプーのよい点は、「ストロングオイリー(超脂性肌用)」「オイリー(脂性肌用)」「ドライ(乾燥肌用)」と3タイプあり、自分の頭皮にあったシャンプーを選択できるという点にあります。

整髪料の見直しによる改善方法

ワックスの多くのものには、合成界面活性剤という石油系の成分が含まれています。この成分が薄毛の原因となるわけではありませんが、頭皮にこのような油系の成分があることは好ましくありません。

また、つけすぎもよくありません。つけすぎると、毛穴を塞ぐことになってしまいます。毛穴が詰まることは薄毛の原因となるため注意が必要です。

以上の2点から考えると、若ハゲに悩む方はできるだけワックスをつけることは避けたほうが良いと思います。
しかし、それではおしゃれを楽しめない、これまでワックスをずっとつけ続けてきたという方もいらっしゃると思います。
そのような方には、思い切って髪型を変えることをおすすめします。

若ハゲでもおしゃれになる髪型は、若ハゲでも似合う髪型をご覧ください。

【改善策(6)】育毛剤を使用する

若ハゲを育毛剤で治す

シャンプーで頭皮の環境を整えた後は、「育毛剤」で髪の毛や頭皮に栄養を与え脱毛予防を行いましょう。

おすすめなのは、モンドセレクションの金賞を受賞したこともある『チャップアップ』です。薄毛予防に期待できる「センブリエキス」「ジフェンヒドラミンHC」「グリチルリチン酸」などといった有効成分を配合しており、定期便には「永久返金保証」を取り入れている点も好印象となっています。

薄毛対策に万全を期したい方は、育毛剤の使用がおすすめです。

【改善策(7)】医療機関での治療を受ける

AGAや上記の改善策を試しても効果が現れない場合には、病院やクリニックでの治療が必要になります。

生活習慣やストレスへのセルフコントロールでは対処できない場合も多くあるので、心配する必要はありません。しっかりとした治療を行うことで、薄毛を改善することができます。

治療法として、内服薬で薬を飲む方法や頭皮に直接薬を注入する外用薬の使用、あるいは植毛という選択肢があります。この3つの方法でどれを選ぶべきかは、医師によるカウンセリングを受けてからの選択をおすすめします。カウンセリングを無料で受ける事ができるクリニックもあります。

また、治療を受けられるところとして病院の皮膚科やクリニックがあります。その中では、AGA専門のクリニックで治療を受けられることをおすすめします。クリニックはAGAや薄毛といったジャンルに特化しているため、専門的な知識を持っていたり、多くの症例・患者さんのデータからあなたに合った治療法を提案してくれます。

病院やクリニックでの詳しい治療法について知りたい方は、薄毛治療の効果についてをご覧ください。

【まとめ】あきらめたらダメ!若ハゲは改善できる

いかがでしたでしょうか。この記事の内容を軽くおさらいしましょう。

  • 指の腹で5秒程度頭皮のツボを押し、それを3セット行う頭皮マッサージは若ハゲ対策として効果がある。
  • 22時~2時の睡眠は成長ホルモンが分泌されるため、髪の毛の成長を促進させる。
  • 若ハゲの原因とされるストレスを解消するためには、適度な運動が有効である。
  • 抜け毛の原因である皮脂の分泌量を抑えるために、食事の栄養バランス、摂取する時間を改善する。
  • 頭を洗う際は、力を入れずに爪ではなく指先や指の腹で洗うことを意識する。
  • 自分のシャンプーが合わなと感じる人は、スカルプDなどの脱毛予防シャンプーを使う。
  • より高い効果が期待できる薄毛対策をした人は、チャップアップなどの育毛剤を使用し、頭皮に栄養を与える。

若ハゲになっているからといってあきらめてはいけません。改善策はたくさんあるため、自分の今できる方法をどんどん試していきましょう。

また、どの方法も効果を得られない場合は、AGA専門外来で専門家に相談することも一つの手です。プロに相談することにより薄毛に対して自分が今すべきことが見えてきます。

若ハゲに悩んでいる方は、まずはコストのかからない生活習慣の改善から始めてみませんか?
若ハゲを改善する

TOP