ヘアカフェ

  • 【薄毛治療】飲み薬として医師から処方される5つの薬とその注意点

【薄毛治療】飲み薬として医師から処方される5つの薬とその注意点

薄毛治療の飲み薬

「薄毛治療の飲み薬にはどういうものがあるの?」
「使いたいと思っているけどお金や副作用など不安」

近年ではAGAという言葉も一般的になりました。しかし、実際に治療となるとわからないことだらけですよね。実際に薄毛治療に使われる飲み薬は効果があるのでしょうか?

この記事では、薄毛治療に使われる飲み薬の種類や入手方法、利用時の注意点などを紹介します。
薄毛治療をする

薄毛治療に使われる飲み薬の種類

薄毛治療の飲み薬
薄毛治療の内服薬にはいくつか種類があり、それぞれ効能や服用できる人、価格等は異なります。それぞれの内服薬について、説明していきましょう。

なお、これから説明する内服薬を購入する際には、すべて医師の処方が必要です。そのため、薄毛治療専門の医師による診断を受ける必要があります。

プロぺシア

男性型脱毛症(AGA)に処方される薬であるため、男性の方が処方の対象となります。厚生労働省に認められている(認可)薬です。

主成分

フィナステリド

効果

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが体内で「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて、発毛を抑える作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化し、そのことがヘアサイクルを短縮してしまうことで発症してしまいます。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、このDHTの産生を妨げる効果を発揮します。

プロペシアの臨床試験では、20代から50代までの男性にプロペシア1mgを1年間飲んでもらった結果、58%の改善効果が見られました。

薄毛になってそれほど時間が経っていなければ、毛根が生き残っている可能性があります。その場合、プロペシアでの改善効果は十分に期待できます。ですので、できるだけ早い医師への相談をおすすめします。

副作用

食欲減退・肝機能障害・性欲減退・勃起不全・乳房障害・抑うつ症状などがあります。また、服用中は定期的に血液検査を行う必要があります。

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠の服用となります。金額(税込)は28錠で6,480~8,120円程度です。

ミノキシジルタブレット

男性型脱毛症(AGA)に処方される薬ですので、男性の方が対象となります。主成分は大正製薬が販売している育毛剤・リアップにも使われている、ミノキシジルです。

主成分

ミノキシジル

効果

ミノキシジルは頭皮に直接塗布するものですが、その成分を飲み薬タイプにしたものがミノキシジルタブレットです。

頭皮の血行が促進され、毛細血管から毛乳頭が十分な栄養を得ることができるようになり、頭頂部や生え際の発毛・増毛が促進されます。特に毛髪の栄養状態が悪いと考えられる男性に処方されます。

副作用

血圧低下・心拍数の増加・むくみ・吐き気やおう吐などがあります。また、全身の体毛が濃くなることがあります。

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に2錠の服用となります。金額(税込)は100錠で21,600円程度です。

ザガーロ・アボルブ

男性型脱毛症(AGA)に処方される薬ですので、男性の方が対象となります。男性型脱毛症の原因物質である男性ホルモンの一種・DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制します。

主成分

デュタステリド

効果

発毛を促す効果が期待できます。また、フィナステリドの効果が無かった方にも効果が期待できます。

副作用

食欲減退・肝機能障害・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状・浮動性めまい・腹部不快感・倦怠感などがあります。また、服用中は定期的に血液検査を行う必要があります。

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠、または1カプセルの服用となります。ザガーロの金額(税込)は30錠で8,200~12,420円、アボルブの金額(税込)は30錠で10,260円程度となっています。

ヴィヴィスカル・プロフェッショナル

ヴィヴィスカル・プロフェッショナルは、弱った髪に栄養を与える効果があるサプリメントです。そのため、男性型脱毛症(AGA)だけではなく、薄毛や抜け毛にも効果があり、男性・女性問わず処方対象となります。

主成分

海洋性たんぱく質「AminoMar C™(アミノマーC)」、プロシアニジン B2、ビオチン

効果

服用により、抜け毛の減少、毛髪密度の向上や健康で太い髪の毛の増加、髪の毛の成長が期待できます。

購入には必ず医師の処方が必要で、通常朝夕2回、1錠ずつの服用となります。魚介類や海産物にアレルギーのある方は服用できません。

また、ヴィヴィスカル・プロフェッショナルの金額(税込)は60錠で16,200円程度となっています。

 

今回ご紹介した飲み薬の購入には、いずれも医師の処方が必要です。通販や個人輸入などで購入することができるものがありますが、これらの医薬品は効果もある一方で副作用も少なからず発症する可能性があります。

必ず医師の判断のもと、飲み薬を摂取することをおすすめします。

薄毛治療に使われる飲み薬【ジェネリック医薬品】

ファイザー

プロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分を同じ量を使って作られた医薬品です。そのため処方対象となる方やその症状、効果や副作用はプロぺシアと同様です。

購入には必ず医師の処方が必要で、通常1日に1錠の服用となります。金額(税込)は28錠で5,880~7,560円程度となっています。

フェンペシア

こちらもまたプロペシアのジェネリック医薬品となっています。効果はプロペシアと同じですが、副作用も同じですので注意が必要です。

日本では未認可の薬となっているので使用するには個人輸入をして取寄せる必要があります。

女性でも服用できる薄毛治療薬(パントガール)

女性の薄毛の原因のほとんどは、頭皮の疾患による抜け毛であるとされています。ヘアケア製品やフケによるトラブルがあります。その中でも特に老化やストレス、過度なダイエットなどによるびまん性脱毛症や出産後の「分娩後脱毛症」などが症状として挙げられます。
そうした、女性の薄毛に効果的な飲み薬が「パントガール」です。

パントガールは、びまん性脱毛症・分娩後脱毛症などの女性の薄毛や抜け毛を改善し発毛を促す、世界初の女性でも使える飲み薬の薄毛治療薬です。
服用した方のうち3カ月以内に70%の方の抜け毛が減少する効果があります。

副作用の報告はありませんが、気になる症状があれば医師に報告しましょう。

購入には医師の処方が必要で、通常朝・昼・夕に1カプセルずつの服用となります。パントガールの金額(税込)は90カプセル錠で10,260~12,960円程度です。

薄毛治療の飲み薬を選ぶ際の注意点

医師による注意点
飲み薬を選ぶ際に最も重要な点は、薄毛の症状がよくなることです。人それぞれに薄毛の原因は異なりますから、基本的には飲み薬の選択は医師の診断により行うこととなります。そのため、患者側が選択する余地はあまりありません。

ただし、プロぺシアについてはジェネリック医薬品(ファイザー)が出ています。同じ効能ならばより薬代の少ないほうを選びたくなるところですが、あなたの症状に先発品がよいのか、後発品がよいのかの情報は医師が持っています。
従って、ジェネリック医薬品を選びたい場合はあらかじめ医師に相談し、了解を得るとよいでしょう。

また、効果も重要ですが飲み続けれるかどうかも重要なポイントです。
ご紹介した飲み薬にも副作用はあるため、その程度にも個人差があります。副作用が強い場合、医師への相談が必要になります。また、飲みやすいかどうかなど長期的に服用できるかどうかという視点から飲み薬を選ぶとよいでしょう。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違いは「医薬品」であるか「医薬部外品」であるかの違いになります。また、効果の面でも違いがあります。

発毛剤の効果

新しく毛を生やすとして「発毛効果」が認められています。

育毛剤の効果

今ある毛を育てる、毛を抜けにくくするといった部分に効果が期待できます。また、頭皮環境を整え、新しい毛が生えてきやすい状態を作る「発毛“促進”効果」が期待できます。

ここでややこしいのが、「発毛効果」「発毛促進効果」は別であるという事です。

発毛効果

新しく毛を生やすこと。

発毛促進効果

直接的に新しく毛を生やすわけではなく、頭皮環境を整え自発発毛の促進を助ける働き。

上記の内容をしっかりと理解する必要があります。

分かりやすく整理すると下記のように考える事ができます。

  • すでに薄毛になってしまっている人は【発毛剤】
  • 薄毛予防を考えている人は【育毛剤】

 
まずはこちらの内容を参考に選んでみるのもおすすめです。

薄毛治療薬を服用するときの注意点

飲み薬を服用する際は、以下の点に注意が必要です。

厚生労働省の認可があるかどうか確認

薄毛の治療薬に限らず、日本国内で正規販売されている商品は厚生労働省の認可が下りています。

しかし、現代ではネット通販にて薬を個人輸入することも可能になっているため、厚生労働省の認可が下りていない薬を比較的簡単に手に入れることができるのも事実です。

厚生労働省の認可を受けていない薬は安全性の部分でリスクがあります。

用法・用量を守る

服用のタイミングと量は、医師から指示されます。この通りに服用しましょう。また、効果がないからといって勝手に服用量を増やさないようにしましょう。

たっぷりの水で飲む

コップ1杯の水で服用しましょう。水の量が少ないと、薬が喉や食道に引っかかったり、薬の効き目が悪くなる原因となります。また、ジュースや緑茶等で飲むことも避けましょう。特にアルコール飲料と一緒に飲んではいけません。

継続する

効果を感じるまでに最低でも4ヶ月(16週)かかります。また、しっかりと薬による変化を感じるようになるには、7ヶ月(28週)かかります。薬が効くには時間がかかります。継続的に使用することをおすすめします。

薄毛治療に飲み薬を選ぶメリット

飲み薬のメリットは、手間なく飲めるところです。育毛剤などの外用薬であれば頭皮に塗るためにある程度の時間がかかり、手が汚れたりする手間があります。人によっては、頭皮がかぶれる等の副作用があるかもしれません

しかし飲み薬であればパッケージを開けて、水で服用するだけと手軽です。

また飲み薬を選ぶメリットとして、飲み薬のほうが吸収率が高いことが挙げられます。外用薬では、頭皮に浸透して吸収されるまでに一定の時間がかかります。
そのため、同じ量の薬でもより高い効果が期待できます。
何回か外用薬を試してみたけれど効果が出なかったという方には、飲み薬の使用がおすすめです。

薄毛治療薬の副作用が気になる方におすすめの育毛剤

薄毛治療薬の副作用が気になる方には育毛剤がおすすめです。その中でもおすすめなのがチャップアップ(CHAP UP)です。

3種類の有効成分配合

センブリエキス|血行促進や頭皮への栄養をいきわたらせるために必要
グリチルリチン酸ジカリウム|頭皮を清潔に保ち、育毛促進のために必要な成分
ジフェンヒドラミンHCI|頭皮環境を整え、皮膚の腫れ・かゆみを抑える効果

上記に合わせて天然成分55種類+アミノ酸15種類を配合。

また、定期便の購入には初回購入分を対象とした永久返金保証書が付いてきます。

【まとめ】薄毛の治療は一度医師に相談する

最後に、この記事のまとめをみてみましょう。

  • 薄毛治療に内服薬を使うことで手間なく飲める。
  • 治療薬は医師の判断で選ぶ
  • 服用には用法用量を守り、コップ1杯の水で飲む。
  • 自分での判断ではなく、医師の判断で治療をする。

以上の内容を是非参考にしてください。

薄毛の治療薬にはたくさんの種類があります。今回ご紹介した内服薬だけでなく、塗るタイプの外用薬もあります。

ここで大切なポイントは、自分の判断で薬を選ぶことはしないということです。薄毛で医師のもとを訪れるのは恥ずかしいかもしれませんが、薄毛に悩んでいる方はたくさんいますから心配はいりません。

あなたも薄毛の治療をされる際は、まず一度薄毛専門の病院の医師に相談し診察をうけてみましょう。以前のようなふさふさの髪を取り戻し、明るい未来が来ることを願っております。

AGAジャパンクリニックでは無料カウンセリングを受けることができ、今の頭皮や髪の毛の状態を医師に診てもらうことができます。
薄毛治療をする

TOP