ヘアカフェ

「つむじが若ハゲかも…」手遅れになる前にチェックすべき3ポイント

若ハゲのつむじ

「つむじ周りの毛が薄くなってきた…?」

「もしかして若ハゲ…?対策はどうすれば」

実は、つむじ周りの薄毛は、中学生や高校生のような10代の若い男女でもなってしまう可能性が十分にあります。

つむじの若ハゲの進行には早めの対策が重要です。

手遅れになってしまう前に、まず、自分のつむじが若ハゲかどうかをチェックしましょう。そして、その上で原因を知り、対策をしましょう。

チェックする際のポイントは3つです。

  • 頭皮が透けて見えていないか
  • つむじ周りの髪が細く、弱くなってきていないか
  • 頭皮環境の状態が良いか

若ハゲチェックはこちら

本当につむじハゲかチェックしましょう

若ハゲ対策の第一歩として、自分が本当に若ハゲなのかどうか認識する事が重要です。

この項目で、3つのチェック項目を確認していきましょう。

つむじハゲチェック1・頭皮が透けて見えていないか

健康なつむじの場合 地肌の見える範囲が狭い
つむじハゲの場合 つむじ周りの頭皮が透けて見える

頭皮の見え具合をチェックすることは最も薄毛を確認しやすいポイントです。

健康なつむじの場合、地肌が見える範囲は狭いです。ここで注目するのはつむじではなく、つむじの周りに生えている毛です。

このつむじの周りに生えている毛の隙間から頭皮が透けている場合は、つむじハゲの可能性が高いです。

またつむじを見てすぐ位置を確認できる、というのも一つの指標になるでしょう。

つむじハゲチェック2・つむじ周りの髪が細く、弱くなってきていないか

健康なつむじの場合 髪の毛が太く、ボリューム感がある
つむじハゲの場合 髪の毛が細く、コシがない

髪が細く、弱い状態はつむじハゲの可能性があります。

髪の毛が細くなるということは、髪の毛が成長していないということなので注意が必要です。

基本的に、髪の毛は健康であれば4~6年の成長期の中で太く育つといわれています。

髪の毛が細くなっている場合、髪の毛の毛周期が短縮され、髪の毛が太く成長できていない可能性があります。

髪の毛が細いことが頭皮が透けて見える原因かもしれません。

つむじハゲチェック3・頭皮環境の状態が良いか

健康なつむじの場合 頭皮は青白く、健康な状態
つむじハゲの場合 頭皮は黄色く、皮脂量が多い。
フケ・乾燥・赤みがある

頭皮が青白い状態が正常ですが、頭皮が黄色く、皮脂が過剰分泌したり、フケが多かったりするとつむじハゲが進行している可能性が高いです。

ふけが増えるということは、頭皮の環境が悪くなっている状態です。ふけが大量発生してしまうと雑菌が発生し、髪の毛に大きな悪影響を及ぼします。

このように頭皮環境が悪化することで髪の毛に栄養が行き届かなくなってハゲの進行を促進してしまうのです。

気になる項目があれば、プロに相談

「つむじ周りの毛が薄くなってきた…?」
「薄毛を治す方法ってあるの?」

つむじがハゲていると思われているのではないかと不安になることはよくあります。

そのように不安になっている方は多く、クリニックで薄毛について相談する人は多いです。

毎日不安を抱えながら生活するのではなく、一度専門クリニックに相談してみてはいかがしょうか?

また相談するまでではないけど不安な方、いくつかの項目に答えるだけであなたの薄毛状態がチェックできる診断フォームがありますので、ぜひ一度、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか?
若ハゲチェックはこちら

なんで若ハゲに?原因を知って対策しよう

若ハゲの対策をするには、なぜそうなったかという原因を知っておくことも重要です。

主な3つの原因はこちらです

ひとつひとつ確認していきましょう。

【原因1】AGA(男性型脱毛症)

若い人に限りませんが、男性の薄毛の原因、理由の多くはこのAGAと言われています。

AGAは遺伝、男性ホルモンの影響が大きな原因の一つです。

思春期を過ぎた頃から、男性であれば誰でもなる可能性があります。

  • 親族に薄毛の人がいる。
  • 髪の毛が細くなってきて、ハリ、コシがなくなった気がする。
  • 思春期頃から髪の毛が抜けている気がする。
  • お風呂や枕もとに抜け毛が多い気がする。
  • ストレスを感じやすい人

以上の内容で1つでも当てはまるものがあれば、あなたの薄毛は今後更に進行してしまう可能性が高いです。

【原因2】生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れが若ハゲの原因の一つにもなっているかもしれません。

食生活が乱れている

髪が育つには、タンパク質、亜鉛、ビタミン類が必要です。
これらを十分に摂取してないと、健康な髪の毛が育ちません。

これらの栄養が偏っている人の特徴としてコンビニ弁当や、外食等を続けている傾向があります。

油分や食品添加物の取りすぎ等により、必要な栄養を摂ることができず、結果として薄毛を招いている可能性があります。

睡眠が十分にとれていない

髪の毛の成長には、成長ホルモンが欠かせません。この成長ホルモンは睡眠中に一番多く分泌されます。

ですから睡眠不足は成長ホルモンの分泌を抑えてしまい、薄毛の原因になるのです。

また睡眠不足は脱毛ホルモンを上昇させてしまうことも原因の一つです。

ストレスが溜まっている

薄毛の原因にストレスを挙げることができます。ストレスは血行を悪くし、髪に栄養を届けることを妨げてしまいます。

またストレスは自律神経の乱れを引き起こします。

この自律神経の乱れは先ほど取り上げた睡眠不足を助長し、それが薄毛の原因になるのです。

【原因3】頭皮環境が悪い

毎日のヘアケアで頭皮や髪にダメージが蓄積されて、若ハゲの原因になっているかもしれません。

頻繁なパーマ、ヘアカラー

パーマやヘアカラーをしている人は、強い薬剤を使っている可能性が高いです。
これは、もちろん頭皮へのダメージになり得ますし、脱毛に繋がる恐れがあります。

またパーマやカラーを頻繁に繰り返すことで髪は細くなり、ボリュームも少なくなってしまいます。

薄毛を気にしている人で、パーマ、カラーを頻繁に繰り返している人は一度見直してみてはいかがでしょうか。

間違ったシャンプー方法

シャンプーをしないと、汚れた皮脂により毛穴詰まりを引き起こします。
そのため定期的なシャンプーは頭皮環境には必須です。

ただし皮脂は頭皮を守る機能もあります。洗い過ぎは、頭皮が乾燥したり、かえって過剰に分泌することもあります。

過度なドライヤーをしている

お風呂上りのブローの際、頭にドライヤーを当てすぎると、頭皮が異常に乾燥し、髪の毛を痛めることに繋がってしまいます。

自分に気になるところがあれば対策をすることが若ハゲ対策で重要です。
ここからは、対策法をご紹介していきます。

つむじの若ハゲを進行させない為の対策法4選

【対策1】AGA専門クリニックに相談する

「ハゲている部分の髪の毛を生やしたい!」

「フサフサの髪の毛だったあの頃に戻りたい!」

育毛剤を使用していても髪の毛の量は増えません。

安価で手に入る育毛剤や発毛剤では、効果がないことはよくあります。特にAGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方は、自分でできる薄毛治療に物足りなさを感じている人が多いです。

多くのAGA専門クリニックがある中でAGAJAPANCLINICでは、あなたの症状や治療費のご希望に合わせて最適な治療法をオーダーメイドでご提案する数少ないクリニックです

初めての方は発毛治療の専門スタッフによる無料カウンセリングが受けられるだけでなく、初診料と血液検査も無料ですので薄毛状態をチェックすることができます。
クリニック情報を見る

【対策2】育毛剤を使ってみる

髪の毛をチェックする男性
薄毛が気になりだした人は、まず育毛剤を使う人もいます。

髪の毛や頭皮をケアする多数の栄養分を配合した育毛剤です。
効果を感じることができない場合でも、30日以内で定期初回購入者ならば返金が可能となります。

他にも有名どころでは、以下の三つがあります。

チヤップアップ 育毛有効成分に定評あり
ベルタ 女性に向けられて開発
リアップ 発毛効果が認められた有効成分ミノキシジルを配合

医薬品など対策方法はたくさんあります。
そのため自分がどのような育毛対策をしたいのか、価格とも相談しつつ、育毛効果に関する様々な情報や口コミ、体験談を調べてから育毛剤の購入を検討すると良いでしょう。

また、体質によっては副作用の可能性もありますので、心配な方はこちらの記事をご覧ください。

ちなみに、若ハゲを育毛剤だけで完全に治療することは難しいとされています。

なぜなら、育毛剤は、「髪の毛の発育を促進するためのもの」で、「髪の毛を生やす発毛効果」はないからです。

若ハゲ治療をAGA専門クリニックで行うことで、市販の育毛剤や発毛剤では得られなかった効果が見られるようになります。

育毛剤の効果

育毛剤の効果は、主に以下の3つです。

頭皮の血行促進
育毛剤には血行促進成分が含まれます。
使用することで頭皮の血行を促進し、髪の成長や発毛に影響する毛乳頭に栄養を行き渡らせる効果があります。
頭皮の炎症を抑える
育毛剤は毛穴の皮脂汚れやつまりを除去する効果があります。
髪の毛を洗った後に育毛剤を使用することで頭皮を清潔にすることができ、頭皮環境を整えることができます。
抜け毛を防ぐ
育毛剤はヘアサイクルの成長期を延長し、抜けにくい強い髪を育てることができます。

若ハゲ治療で育毛剤を使用する時の注意点

今すぐできる治療法として育毛剤をご紹介してきましたが、本気で若ハゲの治療を始めるのであれば、やはり専門のクリニックに通院することをおすすめします。

覚えておきたいのは、「育毛剤は髪の毛の発育を促進するためのもの」だということです。

つまり育毛剤は、現段階で生えてくる髪の毛を太く強く成長することを促したり、これから生えてくる髪の毛がしっかりと育つようにしたりすることを目的としています。

そのため頭皮に育毛剤を塗布しても、髪の毛がどんどん生えてくるわけではありません。
毛のないところに髪の毛を生やす発毛効果はありませんので注意しましょう。

新しく髪を生やす発毛対策に重点を置く場合は、皮膚科やクリニックで専門医師の診断のもと専門的な治療を受けることでより効果が見られます。

育毛剤はこんな人におすすめ!

  • 値段を安く済ませたい人
  • 副作用が怖い人
  • 髪の毛の抜け毛を防ぎたい人
  • 髪の毛の毛量をアップしたい人

【対策3】生活習慣を見直す

全て当たり前の用な事ですが、一度チェックして参考にしてみてください。

バランスの良い食事をする

先ほど挙げた髪の主成分である、タンパク質・亜鉛・ビタミン類といった栄養素を、バランス良く摂取できる食事を意識しましょう。

質の高い睡眠をとる

成長ホルモンが最大限に分泌されるのは夜10時~午前2時までの4時間です。
この4時間の間に上質な睡眠を取ることが、髪の毛のより良い成長に繋がります。
睡眠するタイミング、時間が重要なのです。

ストレスを発散する

ストレスがあると、ホルモンバランスが乱れたり、血流が悪くなったりと、髪の成長に良くありません。

自分なりのストレス解消法を見つけましょう。アロマでリラックスしたり、適度な運動が望ましいです。

【対策4】正しいヘアケアを知る

では、どのように頭皮をケアすべきでしょうか。

パーマ、ヘアカラー

まず、頭皮に薬剤が付く恐れがある為、自分でしないことが重要です。美容院で施術してもらい、なるべく頻度を減らしましょう。

正しいシャンプー方法

お湯は38度くらい、指の腹で洗います。頭皮の汚れを取るイメージをもって、泡のすすぎ残しは厳禁です。

正しいドライヤー方法

タオルドライでしっかり乾かした後、まんべんなく近づけすぎずにブローします。
付け根から毛先に向けて乾かす事と、最後全体を冷風で冷やす事がポイントです。

【まとめ】自分の髪の毛がつむじハゲかを早めに見極めよう

つむじハゲの原因を理解した女性
最後につむじハゲのチェックポイントをおさらいしてみましょう。

  • 頭皮が透けて見えていないかどうか
  • 髪の太さやハリコシが以前と比べて変わったか
  • 頭皮環境の状態が良いか悪いか

つむじハゲの若ハゲ対策は、早く始めれば早く始めるほど、効果が期待できるものです。

適切な対策をしないままにしておくと、若ハゲはどんどんと進行します。
つむじハゲかなと思う方は、早いうちに対策を行い、薄毛改善に取り組みましょう。

これらの対策方法ではまだ不安がある、という人は専門のクリニックや病院を利用して医師に相談してみるのがおすすめです。

男性型脱毛症(AGA)など、脱毛症の症状を細かく診断して、適切な治療法で改善方法を練ってくれるので確実に治すことができます。

下記で紹介している専門クリニックは、GLOW CLINICの公式サイトで、AGA治療を専門におこなっています。

クリニック情報を見る

TOP